2008年02月18日

ジェイ・チョウコンサートin武道館

2月16日、17日にジェイ・チョウのコンサートが日本武道館でありました。

20080216jay.jpg

今朝のめざましTVで台湾歌手としては、初の武道館コンサートという紹介がされてましたね!(ってことは、香港の歌手で武道館でコンサをやった人がいるのかしら??)
ジェイのコンサートは初めての参加。以前日本でやった時は、ちょこっと迷って結局行きませんでした。
今回は迷わず行く!と決めて友人たちと行ってきました。

私が持っているジェイのモノは「霍元甲」のDVD(CD付き)のみ。予習してからコンサートに行こうと思ってたのに、結局見れなかった。
でも私が知っている曲は2曲くらいしかなかったかな。新しいアルバムからの曲が多かったみたいだね。
席は2階で天井に近く(笑)、ステージからは遠かったのだけど、双眼鏡持参だったし、スクリーンもあったので、十分堪能できました。
楽しかった!!!ジェイ、可愛かった!!!日本語もちょこっと話してて、あとはちゃんと日本語通訳があったので、びっくり。いつも外タレってあんな感じなの???武道館仕様なのかしら・・・
スクリーンには、最初の曲以外は日本語字幕が出てたし。最初の曲は日本語字幕じゃなくて、日本語読みが出てたね(笑)。
舞台装置・演出も武道館でやれることはだいたいやった、って感じ(笑)。なかなか豪華でした。
そして、衣装替えがかなり頻繁だった。個人的には中華風の衣装と真っ白な衣装が似合うなと思った。
それから、ジェイは、ギターにピアノにドラムに三味線まで弾いてた。凄いね〜〜。
私たちは結局1度も立つことなく、のんびり観てたのだけど、アリーナ席はみんな立ってて、サイリュウムをずっと振ってた。ほんとにずっと振ってた。あれ、腕が筋肉痛になるよね(笑)。自分が踊って楽しむというより、サイリュウムを振って、ステージに見せてるという感じ。一昔前のアイドルのコンサみたいだ。香港・台湾式のコンサなんだね、きっと。

このコンサートのDVDって出るかな?以前の日本でのコンサも出てたよね?確か。
ソニーさん、よろしく。いつも藤井兄とFブラがお世話になってます(笑)。

そして、またCDが欲しくなってしまった。んでとりあえず、これ↓をポチっとやってしまった。CDを買おうと思ったのに、またDVD(苦笑)。

jay_2.jpg

映像好きとしては、やはりまたPVが観たくなっちゃうんだよね。いろいろ特典映像もついているみたいだし。早く観たいな。
posted by むんちゃん at 15:26| Comment(6) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

ヒース・レジャー急逝

朝、ネットのニュースで知りました。凄いショックバッド(下向き矢印)

http://cinematoday.jp/page/N0012604

「ブロークバック・マウンテン」の演技、好きでした。

これからもっといろんな出演映画が観れると思ってたのに。

明日、日本で「ラスト・コーション」のプレミア試写会が行われます。アン・リー監督も出席の予定ですが、きっと傷心でしょうね・・・。
posted by むんちゃん at 13:32| Comment(2) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

「gillter/fated」PVショーン出演

やっとこの記事を書く気になった(笑)。
18日(水)に発売になった、あゆのニューシングル「glitter/fated」のPVにショーンが出演してる。

glitter_ayu.jpg

ショーン見たさに、生まれて初めて、あゆのCDを買った(笑)。まさか自分があゆのCDを買うことになろうとはあせあせ(飛び散る汗)
3曲目のカップリングは「secret」という曲で、これは「傷だらけの男たち」の主題歌になってる。
この曲は好き。好きなんだけど・・・自分ちのコンポで聞くと、あゆってこんなに声量ないの?という風に聞こえる。そういう風に歌ってるのかもしれないけど、正直、もっと歌が上手いかと思ってた。曲も歌詞も凄くいいのに、なんだかもったいない。

DVDの方がPVというかショートムービーみたいになってる。確か前にもこういうのやってたんだよね、あゆは。テレビでチラっと見たような気がする。
ちょっとしたストーリーがあって、曲よりも長い。途中から曲が流れる、という感じ。
もう、ショーンに釘付けで曲なんか聴いてなかったよ、私(爆)。気がついたら曲が流れてたのね、みたいな。

香港が凄く綺麗に撮ってあって、映像も綺麗。あゆは、本当はアンドリュー・ラウ監督にPVを撮って欲しかったらしいが、今回は別の監督。でもアンドリュー・ラウ監督っぽい感じはした。ショーンはちょこっとだけセリフがあった。あと、あゆとのキスシーンも。あれを見て、私はちょっとショーンが心配になった。あゆって、香港でも人気あるんでしょ?恨まれないのかしら(笑)。
ショートムービーとはいえ、あゆの演技(特にラスト)は、ちょっとどうかと思ったけど、まぁ役者さんじゃないしね。ショーンはひたすらかっこよく揺れるハート、最後の方はもうちょっと見たかった感じ。ああいう役も今度やってみたらどうかな〜
posted by むんちゃん at 14:41| Comment(0) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ジャッキー・チュン張学友コンサート

6月17日に東京国際フォーラムで行われたジャッキー・チュンのコンサートに行ってきた。
香港歌手のコンサートに行くのは初めてで、どんなもんかと思ってたんだけど、予想以上に良かったし、満足した。
実はCDを1枚も持っていない。
歌神と呼ばれ、めちゃくちゃ歌が上手いという知識しかなかった。
俳優としてのジャッキーは映画でいろいろ見てるけどね。
「ウィンター・ソング」という映画で、一人オペラ歌手かと思うような素晴らしい歌声を披露してたので、こりゃ生で聴いてみたいと思ってた。

席は良くなかったのに、双眼鏡を忘れてしまって、ジャッキーの顔を拝むことはできなかったのだけど、声量のある歌声を満喫してきた。

知っている曲(カバー曲)もチラホラあり、ミニミュージカルも披露してくれて、3時間たっぷり堪能した。

私がよく行くのはコンサートというより、ライブ、という感じなんだよね。今回行ったのは、まさにコンサート、そしてショーという感じだった。バックダンサーと一緒に踊り、歌うジャッキーはステキだった。つか、あれだけ踊ってあんなに声出るモノなの???凄いなぁ。
一緒に行った友人は香港と日本でジャッキーのコンサートに行ったことがある子だったのだけど、古い曲が多かったと言ってた。

そして何より驚いたのが、MC。日本語のMCが素晴らしかった。いろんな意味で(爆)。
最初のMCだけ日本語なのかと思ったら、アンコール以外は、ほぼ全部日本語のMC。時々忘れてつっかえたりはするけど、なんだか微笑ましいし、たった1日の日本でのコンサートのために、ここまで日本語を覚えてくれたんだと思ったら、やっぱり嬉しかったな。逆の立場で、出来るかと言われたら無理じゃないかと。

行ってよかったと心から思った。
客層は半分くらい香港人?(笑)という感じだったけど、盛り上がっててびっくり。香港歌手のコンサートって、座って静かに聴く感じという噂を聞いてたけど、全然違った。
20数年のキャリアがあるだけに、年配の人もチラホラいたしね。
入場する列にいる時は、周りで広東語が飛び交ってて、ここどこ?って感じだった(笑)。

さて。あとでジャッキーのCDをネットショップで探してこようっと。
posted by むんちゃん at 14:19| Comment(8) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

ショーン・ユー ファンミーティング

10月28日に六本木ラフォーレミュージアムで行われたショーン・ユーのファンミーティングに参加してきた。
人生初のファンミーティング参加(笑)。
チケットに書かれていた席は、そんなに悪くなかったので、結構前で見れるかな♪と思って会場に行ってみたら、FC席が4列くらいあって、ガックリ。そりゃそうだよね…(苦笑)。
だいたい、500〜600人くらいいたのかなぁ。正確な人数は数えていないけど。

POP ASIA主催との事で、ショーンが出てくる前に、編集長の関谷さんとライターの水田さんが香港の音楽について、映画について語る…というか、MVを流したり、映画予告を流してた。
いきなり、ジェイ・チョウのMVが流れることになり、客席から歓声が。君たちは誰のファンだ(大笑)。
ニューアルバムのMVみたいだったよ。
続いて流れたのが、アンディ・ラウのMV。アンディが空飛んでた(笑)。
で、次は映画の予告。「ジェイ・チョウを探して」(未見)のコミカルなショーンの映像と、「ブラッディ・レイン」の映像。

そんな感じで二人のトークはあっという間に終了し、ショーンの登場。

shawn_3.jpg
金髪ショーン

想像してたよりも、落ち着いた髪の色だった。ちょっと暗い画像なので、実際はもうちょっと明るい金髪。
しかし、写真撮り放題って凄い。席がステージにあまり近くはなかったので(肉眼でちゃんと顔は見えたけど)、あんまりいい写真が撮れなかったのが残念。

shawn_4.jpg
ショーン、どこ見てんのー

shawn.jpg
バッチリ、カメラ目線(笑)。

まず最初にショーンが持ってきた、今迄出演した映画のショーン出演部分の映像を流しながら、ショーンが説明してくれる、というものだったけど…
映像が流れ始めたら、ショーンが照れて下を向いて首を振ってて、ちっとも説明してくれない(笑)。その様子が可愛いんだけどさ。
昔の自分の映像は違和感を感じて恥ずかしいらしい。
他にも「インファナル・アフェア2 無間序曲」の日本版予告や、「龍虎門」(来年公開)も流してくれた。
「インファ〜」を見て、ショーンは、日本の予告の方が面白そうに見えると言ってた。私は久しぶりに予告を見て、思わず、涙ぐんでしまった(爆)。やっぱり「インファ」には、音楽と映像だけで、心が揺さぶられるんだよな〜…
「龍虎門」は「見たことない人!」という関谷さんの声にほとんどの人が反応してなくって、え?もう見たの???とちょっとびっくり。みんな香港版DVD買ってるのかしら…ニコも出演してるのに、香港版買ってない私はファン失格?(笑)
だって…日本公開決まってるし…お金の余裕が…
でも予告はちょっとだけで、私が見たことある予告はもっと長いのだったし、ショーンももっと長いバージョンがある、と言ってた。

次が質問タイム(だったと思う)。
結構いろいろ出てたんだけど、今は猫1匹と犬2匹飼ってる、とか、「インファ〜」でショーンの流した涙は本物かという質問に、いい質問だ!と喜んでいて、あれはもちろん、本物の涙で、カメラの位置や移動などのタイミング的にもいい感じで流せたと思うと言ってた。来年早々、来日して日本語の勉強をして、日本語のアルバムを出したいと思っている事、今回の来日で、その打ち合わせをしている事なんかも言ってた。ブログもやっているので、日本でもブログが出来たらいいなと言ってたんだけど、みんなが、すでにやっているブログのURLを教えろと詰めより(笑)、いずれ、日本の公式サイトにURLを載せてくれるそうな。

その後が、確かプレゼント抽選会。チケットの半券をショーンが箱から引く形式。
プレゼントは、香港政府観光局(?)のバッグが20名、ポストカードが10名?、写真4枚組(1枚がサイン入り)が?名、「ドラゴン・スクワッド」のポスターサイン入り?名、ショーンが使っている香水1名、ショーンが着た事あるTシャツ1名、ショーンの100冊限定写真集の、ショーンが持っていた1冊と写真?枚。木箱入り。

ワタクシ、当たりました。バッグが(爆)。

bag.jpg

持ち帰るのに、ちょっと困った…。つーか、このバックはショーンが持ってきたものじゃないでしょ、どう考えても(苦笑)。
せめてもの救いは、チケットの半券をショーンが引いてくれたという事ですな。

ショーンからのプレゼントが終わった後、11月に誕生日を迎えるショーンにハッピーバースデーの歌と花束をプレゼントプレゼント

shawn_5.jpg

花束は事前に選ばれてた代表の人が渡してた。今年の誕生日はタイで撮影の予定なので、何も出来ない(してもらえない)と思っていたので、嬉しい、一番最初に祝ってもらったと喜んでいた。良かった良かったぴかぴか(新しい)

さて、その後がみんながお待ちかねの握手タイム!全員としてくれて、このタイミングでプレゼントを持ってきた人は渡して下さいとの事で、最初はプレゼント攻撃&会話をしてたのだけど、時間がかかりすぎるとの事で、途中からサクサクやるようになった(苦笑)。私はサクサクになってからだった(泣)。
握手はぎゅっという感じじゃなくて、そっとしてくれた。じゃないと手が疲れるよね(爆)。凄くニコニコしてたよ。
「日本語の勉強頑張って下さいね」と日本語で(爆)、言ってみた。ありがとうみたいなこと言ってくれて、あら理解できたのかしらと思ったんだけど、どうやら、「頑張って」という言葉に反応しただけみたい(笑)。
せっかく握手できそうだから、何か広東語を覚えていこうかなとも思ったんだけど、何しろ忙しくて、全然そんな余裕がなかったし、プレゼントの用意もしなかった。すんません、にわかファンで……
次にこういう機会があったら、日本語学習テキストでもプレゼントするかな(爆)。
しかし、全員と握手って本当に大変だね。
握手が終わった後のショーンの疲れた顔を見て、ちょっと気の毒になった(爆)。
チケ代5000円は安いな。うん。
その昔、某アーティスト(笑)のイベントで6000人のファンと握手する事があったんだけど、私は最後の方で、延々待たされてやっと順番が回ってきたら、アーティストは疲れきってて、笑顔が固まってるし、顔が脂ぎってて、気の毒になり、思わず「お疲れ様です!」と言ってしまったことがある。翌日、当然のように手が腫れ上がったそうな。……人気商売とはいえ、気の毒だなぁと思った記憶が。ファンとしては嬉しかったけどね。

ショーンは日本語の片言を話したりしてて、質問タイムで、人を指す時も「ドーゾ」とか言ってたね。関谷さんの「その右の人かな?」という言葉に反応し「右!」と言ってみたり。
ショーンも歌だけじゃなくて、日本の映画とかにちょこっとでもいいから出演してくれたらいいのになー。エヂみたいに。
日本語のアルバムも出して、ライブもやりたいみたいなことを言ってたので、楽しみだね。参加した皆様、スタッフの皆様、それからショーン、お疲れ様でした晴れ
posted by むんちゃん at 12:03| Comment(6) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

06年秋のドラマ その1

今日までに「僕の歩く道」「14才の母」「Dr.コトー診療所2006」「セーラー服と機関銃」を見た。
ここまでで、私が一番ハマったのは「セーラー服と機関銃」だった!!!
かなりびっくりした!確かに楽しみにはしてた。赤川次郎氏の原作が大好きだったのでね。と言っても小学生くらいの時に読んだので、ストーリーはほとんど覚えてない。主人公が星泉という名前であったことも、若頭が佐久間という名前だった事もドラマ見て初めて思い出したくらい(苦笑)。
薬師丸ひろ子映画版はちゃんと見た記憶がないので、見てないんだと思う。機関銃ぶっぱなして「カ・イ・カ・ン」と言ってる映像くらいしか覚えてない(笑)。
25年前の映画らしいし、という事は原作はもっと前に書かれてるのかもしれなくて、時代背景としても、ヤクザ屋さんが今時浅草であんな風に活動なさってるのかどうか微妙な気がしなくもないんだけど、なんていうか、見てて懐かしさがこみあげて、ラストで大泣きした(爆)。
ストーリーはあまり覚えてないんだけど、ラストがとても好きだったので、ラストは変えないで欲しいなぁ。地味なんだけどね、でも好きなラストだった。
・・・・・・私は小学生の時から、ああいうラストが好きだったのか、と今、愕然とした(爆)。
ドラマはテイストが、堤監督チックな感じ(笑)。思わず、オフィスクレッシェンド制作かと思った。もともと原作もコメディチックだったような気がするので(赤川次郎氏の小説はどこかみんなそういう雰囲気だけど)、私は好きな感じかも。
実は長澤まさみちゃんは苦手な方なのに、特に嫌な感じも受けず、もともと結構好きな堤真一さんは、めっちゃかっこいい!(笑)。堤さんは、二枚目も三枚目も出来るし、どんな役でも似合うなぁ。
あ、それから、泉のおとーちゃん、すぐ死んじゃうんだけど、「亡国のイージス」のいそかぜ艦長さんだった。あっさり死んじゃう所まで同じ(爆)。
とりあえず、これは最後まで観たい。

「僕の歩く道」は自閉症の主人公が"輝ちゃん"かよ!というツッコミを入れたのは私だけじゃないはずだ。ぐるんぱぐるんぱ。いらない部品はありません。お仕事頑張ります。の輝ちゃん、毎週見てたっすよ。ええ。
どちらかというと、くさなぎ輝ちゃんの方が症状は軽いようで意思疎通が図れるね。ただ思っていたよりは普通だったかな。んでもって、微妙に自閉症に関する知識があったりするので、ストーリーの展開が読めてしまったする。
でもパニックを起こした時のくさなぎくんの表情は良かった。ああいう表情する!と思ったよ。
「14才の母」、とりあえず来週も観ようかと思う。ラストは感情移入してちょっと泣けた。これからどうなるか、展開は読もうと思えば読めそうだけど。
「コトー」は、思っていたよりは普通だった。蒼井優ちゃんは可愛いし、柴崎コウさんも、これからどうなるか!とは思うので、見つづけるとは思うけど。

「セーラー服と機関銃」はぜひ毎週見たいんだけど、金曜日の夜って日テレの映画も見たかったりする事があって、ちょっとキビシイ。毎週は無理かもしれん。

昨日の「鉄板少女アカネ」は全く見るつもりがなかったが、ブランチでやってた番宣を見て、ちょっと見たくなってしまったので録画済み。
今日は「のだめカンタービレ」で、明日が「役者魂」・・・は見るか分からない。


で、ドラマを観てると、映画がなかなか見れないので「Movies!!」の更新が止まる(笑)。
posted by むんちゃん at 14:39| Comment(5) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

「ウィンター・ソング」来日会見

ちょこっと、ブログのタイトルを変えてみた。
HNをわざわざタイトルに載せなくてもいいかな、と。
背景も変えてみた。秋っぽくなったね。

昨日、11月公開の「ウィンター・ソング」の来日会見ライブイベントが丸ビルであった。
金城武、ジョウ・シュン、ピーター・チャン監督が来日。

kaneshiro.jpg

金城武主演『ウィンター・ソング』キャスト来日記者会見

国際派イケメン俳優・金城武、久々の登場にファン号泣!

なんでわざわざこのレビューを書くのかというと、実はこの来日会見ライブイベントの招待状が当たってた。
当たってたんだけど、行かなかった。
だって、集合時間が17:30なんだもん。仕事終わってからじゃ間に合わないじゃん!!!
たぶん、応募した時は18時開始というのを見て応募したと思う。
丸ビルなら、急げば18時に間に合いそうだし。

招待状を受け取ってから、さて、仕事を休むか早退するか、悩んだのだけど、生金城くんを見るために、そこまでするのはどうだろう?という気持ちもあって、結局は行かないことにした。
招待状で入れるのは一人だし、金城くん、もちろん嫌いじゃないけど、大ファンというわけでもないし、大ファンの人達に囲まれて、ちょっとビビり入りそうという予感もあり(苦笑)、諦めることにした。
仕事休んでまで行くのは、トニー・レオンやニコラス・ツェーが来日する時までとっておこう(爆)。
結局、昨日は珍しく残業になり、18時過ぎまで仕事してた。
仕事休んでる場合じゃなかったし、諦めてよかったと思ったんだけど。

今朝のめざましTVを見て、そういえば、丸ビルって上からも見れるんだった、と思い出した。ま、18時過ぎに会社出ても挨拶には間に合わないし、会見だって見れるか分からなかったから、しょうがないけれど。
めざましTVで金城くんを久々に見たけど、なんかキラキラぴかぴか(新しい)してて、凄くかっこよかったゾ。照明やフラッシュのせいもあるんだろうけど・・・
インタビューもちょこっと聞けて、日本語しゃべってるのも久々に聞いた気がする。マスコミの注目度としても、やっぱり金城くんオンリーな報道の仕方だったね。
金城くんは、トニーと共演し、「傷城」という映画を撮ったばかり。もうクランクアップしたのかなぁ。
うーん。今日の金城くんを見た限り、あのキラキラな金城くんにトニーが喰われてなきゃいいけど、という心配が(滝汗)。

トニーと共演、で思い出したのだけど、金城くんは、安藤政信くんとも、共演してる。
私が好きなトニー、安藤くん、キーファー、ニコのうち、トニーと安藤くんと共演しているのが金城くん。もしかして、私にとっては、すごく珍しい俳優なのかも。
トニーとニコは日本公開していない映画についてはよく分からないのだけど、たぶん、共演してないと思うし、金城くんもニコとは共演してないんじゃないかな。

トニーが共演しているのは、「恋する惑星」と「傷城」。でも「恋する惑星」は共演と呼ぶのは、ちょと微妙。

安藤くんが共演しているのは「スペース・トラベラーズ」。

space.jpg

この時の金城くんは、少しコメディタッチなシーンもあったりして、それまで「神さま、もう少しだけ」とか「2000年の恋」とか「不夜城」くらいしか見たことのなかった私には、へぇ〜コメディっぽい役もやるんだ〜なんて思ったりした。
ずっと後になって「天使の涙」とか「恋する惑星」で、金城くんってコメディタッチな役で、自由に演技している時の方がイキイキしてる!と思ったんだけど。

「ウィンター・ソング」はすでに試写会で観たのだけど、もう1回くらい見てもいいかな〜。
でももう見たから、と試写会には応募してないかも。音響のいい映画館で見るといいかもね。
posted by むんちゃん at 14:44| Comment(5) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

ジェイ・チョウって・・・

最近、来日してた、なんて事ないよね?
この間の土曜日、渋谷でソックリな人を見かけて、思わず凝視しちゃったんだけど・・・(笑)

ソックリと言っても、真っ黒なグラサンかけてたから、目は分からなかったんだけど、鼻から下、口の周りのヒゲの生やし方とか画像で見たのとソックリ。
話してる声とかは聞けなかったから、普通なら、他人の空似だな〜と思うくらいなんだけど、一緒にいた女性二人のうち一人が日本人じゃなかったんだよね・・・(一人は顔が見えなかったので分からない)

グラサン外したら、全然違う人でした〜〜〜〜って事になるよね。そうよね。うん。

ハイ。むんちゃんのつぶやきでした(笑)
posted by むんちゃん at 16:09| Comment(2) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

怒涛の試写会週間

今週はすでに8日に「スーパーマン リターンズ」の試写会に行ったのだけど、今日から13日まで怒涛の試写会づくし。
4日間で7本(苦笑)。映画祭みたいなスケジュールだたらーっ(汗)

ま、ある意味映画祭なんだけどね。無料で見れるのでお得。
1日休んで翌日また試写会。そのまた翌日1日休んで翌日試写会(爆)。
今年は4月が怒涛の試写会づくしだったけど、今月もそんな感じ。
再来週は夏休みで東京離れるので、試写会当たっても行けないとは思うけど。
身体壊さないようにしないとね。

この間、「ユナイテッド93」の試写会を振って、「蟲師」の試写会に行ったのだけど、あの後、「ユナイテッド93」は当たらなかった・・・。
今朝、めざましTVで特集やってたけど、あれ見るだけで涙が出てくる。
今週末から公開なので、観に行く予定。泣ける映画を映画館に観に行くのは、本当は嫌なんだけど、とっても観たいので行く。
posted by むんちゃん at 10:23| Comment(2) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

「ドラゴン・スクワッド」

この間ようやく六本木に行く用事が出来て、「46億年の恋」の前売券を購入したのだけど、その時に一緒にこの映画の前売券も購入してきた。

dragon_squad.jpg
特典のポストカードAタイプね。

公式サイトはこちら

ショーンがたばこ咥えてる!(笑)

公開日が10月14日に決定した模様。来日・・・しないか(苦笑)
秋に日本でコンサートをやるとかやらないとかっていう情報をどこかで目にしたのだけど・・・詳しい事は知らない(笑)。コンサートやるなら行ってみたいな。「TRUE LOVE」歌ってくれるかな(それが聴きたいのかよ・笑)。

六本木シネマートでは、ヴァネスとショーンのサイン入りポスターが展示されている。・・・・・・見たっけか?(爆)
「46億年の恋」のポスターがあって、サインが書かれてたので、走りよったら、龍平くんと三池監督のサインしかなかった、のは覚えてるんだが(爆)。

また六本木に行く用事があったら確認してこよう(笑)。

F4には関わりがない私だが(笑)、たまたまヴァネスの出演していた「スター・ランナー」は見てる。
ダニエル・リー監督の映画は「ファイターズ・ブルース」が好き。あのアンディはかっこいいぞ。
ヴァネスは今度、ジョニー・トウ監督の映画にも出演するらしいので、ちょい注目だね。
posted by むんちゃん at 14:09| Comment(5) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

アンディ!!

7月にアンディ・ラウが来日したのだけど、イベントには何も参加せず。ちょっと残念だった。
いいともは、24日に出演。その日は見れなかったのだけど、日曜日の増刊号を見た。
見た瞬間、「アンディ、可愛い!!」って45のオジサマに・・・・・・(苦笑)
なんだか嬉しくなるよね。
いいとものコーナーではかなりリアクションが大きくて、ウケてた(笑)。
トニーは絶対あんな風に出来ない・・・と思ったりして。
まぁいいともに一人で出る事はないでしょうが。

スマスマとかに、まったり出て欲しいなぁ。

ところで、今週のTOKYO HEADLINEの表紙はアンディっすよ!!

andy.jpg

毎週月曜日の朝にこれを会社の近くで取って出勤するのだけど、見た瞬間、
「アンディ!」
と声に出して言ってしまった(大笑)。周りにいた人には聞こえてたと思う(恥)。
だって、かっこいいじゃない〜〜〜〜!

TOKYO HEADLINEでの記事はこちら

posted by むんちゃん at 15:01| Comment(6) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

試写会

しばらく試写会から遠ざかってたのだが、また当たり始めた。どういう傾向なんだろ(笑)。
基本的に木曜日以外と私が嫌いな会場以外は応募するようにしてるんだけどね。
木曜日の試写会が多いと応募する数は減る(苦笑)。

そうそう。今度また同じ日に試写会が二つ当たってしまった。
それも両方ともとても見たかったやつ。

一つは「ユナイテッド93」。これはブロガーのみが応募できる試写会で当然、ブログのURLも書いて応募。UIP試写室なので、人数は少ないと思う。しかも一人しか行けない。そして、当然のことながら、「映画を見て、ブログにレビューをあげる事が条件」。

もう一つは「蟲師」。これは映画じゃないんだけど、地上波でまだ放送されていない回のもので、これからDVDの発売に先行して上映されるらしい。
まだ地上波の分も全部は見てないんだけど(笑)。
声優さんと監督の舞台挨拶がある、とハガキには書かれてた。

うう〜〜〜両方とも行きたい!なんで同じ日なのよ!!
どちらかを友人に譲るとしても、「ユナイテッド93」は行ったら、私のブログにレビューが上がらないとおかしいし(笑)、「蟲師」は私の周りで見てる人がいないので、譲りにくい(爆)。

どうする俺!(って何かのCMみたいなんだけど・笑)
posted by むんちゃん at 14:28| Comment(6) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

デュエリスト コレクターズBOX(初回限定生産)

DVDの予約が開始された。(8/25発売)
デラックス版とコレクターズBOX版があるのだが、最初デラックス版でいいや〜4000円弱ぐらいなら出そう、と思ったのだが、特典を見て、気が変わった。

デュエリスト コレクターズBOX(初回限定版)

duelist.jpg

〜セット内容〜
DISC1「日本公開版」
■日本公開版本編
■映像特典(予定)
(1)オリジナル&日本版劇場予告編
(2)TVスポット
(3)インタビュー集(カン・ドンウォン/ハ・ジウォン)

DISC2「韓国公開版」
■韓国公開版本編
■音声特典(予定)
対談コメンタリー音声(カン・ドンウォン/ハ・ジウォン/アン・ソンギ/イ・ミョンセ監督)

DISC3「特典DISC1」
■映像特典(予定)
(1)韓国試写舞台挨拶(カン・ドンウォン/ハ・ジウォン/アン・ソンギ/イ・ミョンセ監督)
(2)来日記者会見(カン・ドンウォン/ハ・ジウォン/イ・ミョンセ監督)
(3)ジャパンプレミア舞台挨拶(カン・ドンウォン/ハ・ジウォン/イ・ミョンセ監督)
(4)来日インタビュー(カン・ドンウォン/ハ・ジウォン/イ・ミョンセ監督)
(5)海外用プロモーション映像
(6)WOWOW特番(「最新シネマジャック」)
(7)日本公開時劇場用プロモーション映像

DISC4「特典DISC2」
■映像特典(予定)
(1)メイキング(演出)
(2)メイキング(美術)
(3)キャスト・インタビュー集(カン・ドンウォン/ハ・ジウォン/アン・ソンギ)
(4)スタッフ・インタビュー集
(5)対談(イ・ミョンセ監督ほか)

■封入特典
40Pフォト・ブック

この中でとっても観たいのが韓国版本編。確か韓国版の方が長いんだよね。
んで、コメンタリーもついてる。もちろん日本語字幕ついてるよね?
メイキング(演出・美術)も観たい。
正直、ジャパンプレミアとかは行ったし、インタビューもそんなにいらんし、フォト・ブックもいらんので、もちっと安くならんかの?という感じなんだけど(爆)

まぁ、一度観たら売って、デラックス版を買いなおしてもいいかな〜なんて。
問題は韓国版本編を気に入ってしまった場合(爆)。
売れないやん・・・

カン・ドンウォンはこの「デュエリスト」を観てから、注目の役者さんなのだが、その後ぱったり何も観てない(笑)。
DISCASに予約してもなかなか来ないというのも理由の一つなんだけど、普段のカン・ドンウォンは特にかっこいいとは思わなかったりする(ファンの方、ごめんなさい〜)。
演技もそんなに・・・凄く上手いというわけでも・・・(汗)

この映画が気に入ったので、DVDは買おうと思ってたんだけどね。まさかコレクターズBOXを購入することになろうとは・・・

って、ええ。もう予約したよ(爆)。
今回は送料無料期間中のTSUTAYA ONLINEで。ポイントめいっぱい使ってほぼ6000円になった(笑)。
なんかねー・・・まだ「ブラック・キス」の予約してないっちゅうに・・・こんな事でいいのか・・・(苦笑)
posted by むんちゃん at 14:02| Comment(0) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲド戦記

以前にも「ゲド戦記」についてちょっと書いたような記憶があるが、何を書いたっけ?
宮崎吾郎監督が高校の先輩かも、と書いたのは記憶しているが、すぐ消した。
年齢見たら違ったので(苦笑)。
弟さん(いるのか知らないんだけど)が先輩なのかな〜?当時、名前までは聞かなかったから・・・

挿入歌の「テルーの唄」が好き。劇場予告で見て、涙ぐんだ事がある(苦笑)。

公式の予告等で唄が聴けます。
公式サイト

この間、「ウォン・カーウァイNIGHT」に行った時、予告でこれが流れたのだけど、他の予告の時はざわざわとしていた会場がシーンと静まり返った。
会場内にはただ「テルーの唄」が響いてた。
客も黙らせる唄、なワケだ。
日本人の郷愁を誘うメロディと歌声。

まだ映画を見てないのに、サントラは買おうと思っている私・・・
posted by むんちゃん at 13:42| Comment(2) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

アンディよりもレスリー派

「八百万の死にざま」を読み終わったけど、なんともなかった。
この本だけのせいじゃなく、調子が悪かったんだな・・・
ただ、「八百万の死にざま」は、ラスト微妙だったぞ(笑)。
アル中私立探偵マッド・スカダーの話、としては、まぁいいとしても、サスペンス・ミステリーの話としては、このオチはルール違反だと思う(苦笑)。
火サス(もうないらしいが)とかで2時間ドラマにしたら、絶対抗議の電話殺到じゃないかなぁ。
この話は映画化されているらしいけど、あまり評判はよくないみたい。
同じストーリーを映画化するって事はないよね・・・

日曜日、朝から「上海グランド」を観た。この間、夜中に日テレで放送されていたやつをビデオにとっておいた。
DVDを借りて観たことがあったのだけど、アンディもレスリーもかっこいいわ、やっぱり。
アンディみたいにかっこいい人、近くにいたら惚れるな、と思いつつ、私はレスリーが好きだな〜と思った。
アンディよりも、レスリーの方が好きだ、と確信した。それはこの映画に限らず、ね。
トニーが一番好きだけど、次はきっとレスリーだ。

なんだか朝から観たせいか、スイッチ入っちゃって(笑)、「楽園の瑕」も観た。この映画もレスリー好きなんだよねー・・・

「欲望の翼」も観たくなったけど、グッと我慢。もうすぐDVD発売・・・(笑)。
posted by むんちゃん at 15:23| Comment(2) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

4400 FORTYFOUR HUNDRED

という、アメリカのドラマを観た。
先日DISCASから来たDVD「エリザベスタウン」に第1話が入っていた。

詳しいストーリーはこちらで。

DVDには「24」を越える、だの、「X FILE」を上回る、だのと書かれていたのだけど、観てみたら、「24」とは何の関係もないってば(笑)。
確かに「X FILE」とは関連がありそうな感じがしなくもない。
1話しか観てないから、未知からの生還者たちがどこから来たのか分からないけどさ。

でもあんまり引かれるストーリーじゃなかったなぁ。アメリカは好きだねぇ、こういう話し。ま、いいけど。
途中の話はすっとばしていいから、ラストだけ知りたいよ、ラストだけ(笑)。

来週「プリズン・ブレイク」という、やはりアメリカのドラマの1〜2話(だと思う)の試写会に行く予定。
これは「24」ファン必見と言われているけど、果たしてどうだろう。
面白かったら、続きを観てもいいかな。
posted by むんちゃん at 14:22| Comment(0) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

「間宮兄弟」サイン入り鑑賞券

昨日、「間宮兄弟」の試写会に行ったのだけど、上映後に急遽、舞台挨拶があって、森田芳光監督と佐々木蔵之介さんが来た。
森田監督は生で見たような記憶があるんだけど、どこでなのかは分からない。
蔵さんは初めて。明るい人だね〜関西弁?が所々出てた。
客からの質問を受ける時は、マイクを持って走り回ってくれた、いい人だった(笑)。
ファンの人なのか、蔵さんが近くに来て「きゃぁ〜」と言ってる人もいたな〜

で、終わった後、森田監督、佐々木さん、塚地さんの直筆サイン入り鑑賞券を非売品ポストカードと一緒に100枚限定で売るという話があって、さっそく購入。

mamiya_sign.jpg
みなさん、達筆ですな。

また観に行くか分からないけど、買ってしまう所がミーハーなんだよなぁ・・・・・・
サインをじっくり見てて、おつりもらい忘れそうになったし(爆)
posted by むんちゃん at 11:19| Comment(0) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

恋するハニカミ

エヂ出演、観た〜〜〜〜
可愛かったなぁ。日本語も聞けた。上手いね。さすが何度も日本に来てるだけある。日本語教室にも通ってるみたいだしね。
相手は鈴木杏ちゃん。果たして言葉は通じるのかしら〜と思ったら、日本語と英語が混じってて、なんとか会話が出来てた。それも凄い(笑)

エヂは25歳だけど、お肌ピチピチで笑顔もなんか可愛くて魅力バッチリだった。でも杏ちゃんはお肌が……ニキビというか吹き出物でいっぱい。
ちょっと可哀想だった…
18歳という若さだからなのか、たまたまなのか。
あの状態でアップじゃ可哀想だよぉ。

二人のデートはいい感じ。別に二人の大ファンではないけれど、なんとなく灼ける〜〜(笑)ファンにはちと辛いかも?

来週も二人のデートは続くので、忘れずに観ないと。
予告で二人が浴衣来てたね。エヂも浴衣が似合いそう。
「東京攻略」でのイーキン・チェンの浴衣姿の次くらいに似合うかもしれない(笑)

エヂはハリウッド版「呪怨2」の「THE GRUDGE 2」に出演するらしいね。主役級みたい?私は家PCから公式サイト見れないっす(泣)。
英語ペラペラだから、その点は問題なさそう。広東語より上手いし(笑)
しかーし。ホラー映画だと劇場に見に行くのは、ちと辛い…怖いよぉ(苦笑)。
posted by むんちゃん at 00:36| Comment(7) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

「デュエリスト」ジャパンプレミアのニュース

昨日、「デュエリスト」ジャパンプレミアのニュースをずっと探してたのだけど、うまく見つけられなかった。
韓国芸能ニュースみたいなのは検索したことがほとんどないので、サイトも知らないし・・・
さっき、やっと見つけた。

当然、私が撮った写真よりも鮮明な画像が載ってまっせ(笑)。

カン・ドンウォン&ハ・ジウォン来日!映画『デュエリスト』ジャパンプレミア

一篇の詩のような美しい映画『デュエリスト』ジャパンプレミア

映画『デュエリスト』監督「感情を体で表現しているので見てほしい」

ニュースを読んでいて、やっとジャパンプレミアで監督や出演者が何をしゃべってたのか思い出してきた(笑)。やっぱり冷静に見れてなかったんだなぁ・・・。
フォトセッションの時、目の前にいたカメラマンが、自分の方に3人の視線が欲しかったのに、日本語が通じなくて、後ろ(観客の方)を振り返り、「誰かカン・ドンウォンシ〜って言ってよぉ〜」と言ってたのも思い出した(笑)。

そういえば、「Movies!!」の方にこの映画のキャンペーンソングを歌っているカノンが生ライブした事、全然書いてない(笑)。頭の中でなかったことになってるんだろうか。あんな目の前で見たのに(笑)。

それでまた思い出したんだけど、映画のエンディングの曲を歌っているのは誰なんだろう?デュエットだったので、カン・ドンウォンとハ・ジウォンが歌っているのかと思ったんだけど、プログラム見てもそんな事書いてないし。
結構歌上手いと思ったんだけどなぁ。ちょこっと調べてみたけど、誰が歌っているのか分からない〜
もしかして、キャンペーンソング(カノン)を大々的に宣伝したくて、エンディングの曲については宣伝されてないのだろうか。ジェイ・チョウの「霍元甲」を思い出すんだけど(笑)。
でも映画のエンディングではちゃんと流れてたもんな〜

通りすがりの方で、もしエンディングの曲について知っている方がいたら、ぜひ教えて下さい〜。

posted by むんちゃん at 11:32| Comment(0) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

「デュエリスト」ジャパン・プレミアに行く。

昨日、「デュエリスト」観て来た。
いやぁ、びっくりした。
あまりの良席に。
会社終わってからチケットの引き換えに行ったので、後ろの方だろうなぁと思って引き換えた時にチケットの番号見て、「・・・・・・?」。
まさかねと思いつつ、会場で座席表を見てびっくり。
友達が「むんちゃん、これに運使っちゃっていいの?(笑)」

「・・・・・・これがトニーだったら(心の声)・・・・・・」

すいません、カン・ドンウォンのファンの方に失礼だよね(汗)。
たぶん、この会場で一番いい席なのに、友達と私だけ『スキスキオーラ』が出てなかったと思われ(苦笑)。
でもね、でもね、周りがみんな手を振っていると、ミーハー熱がフツフツと湧いてきて、ちょっと手を振ってしまった(爆)。

あまりに良席だったので、思わず・・・・・・

060417_kan1.jpg060417_kan2.jpg060417_kan3.jpg

カン・ドンウォン、いい男だね〜。ニって笑うと可愛いし。
でもほんとは撮っちゃダメ・・・(滝汗)。我慢した人ごめんね。

黒っぽいジャケットコートに白いシャツがスラっとした長身(186センチってほんと!?)によく似合ってた。

060417_ha.jpg
ハ・ジウォンさんも美人〜大胆なドレスがステキ。

双眼鏡持っていったのに、必要なかった(笑)。

映画については「Movies!!」にアップする予定。
posted by むんちゃん at 10:51| Comment(0) | 映画・俳優その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。