2007年11月19日

「Good day」in東京キネマ倶楽部(11/18)

尚ちゃんのライブに行ってきた。ソロでは今年初めてのライブ・・・かな?インストアには行ったけど。
17日、18日が東京でのライブだったのだけど、18日のみに参加。17日にひろのライブが入ったので、ちょうど良かった。
が、しかし。
18日の昼間に東京フィルメックス映画祭でジョニー・トウ監督の「放・逐」が上映されると知った時に私の落胆と言ったら(笑)。
ジョニー・トウ監督の作品を好きになってから、この手の映画祭で逃したことはなかったのに・・・。しかも傑作と名高い「放・逐」、是が非でも観たかった。でも尚ちゃんのライブも1日しかチケット取ってなかったので、泣く泣く諦めた。「放・逐」は日本公開も決まってるしね・・・。こうなったら絶対、初日に観に行ってやる!(試写会が当たらなければ、だけど・笑)

今回は友達がチケットを取ってくれたんだけど、なかなか良い番号で(私が取ったら、絶対にこんないい番号にはならん)、早めに会場へ入れたので、2階席からまったり見ることにした。初めて来た会場だったのだけど、小さめの会場でステージが近かった。出てきた尚ちゃんも近かった!上から見るのも、悪くないね。
曲はアルバム「Goodday」が中心で、後はインストなどもやってた。選曲は結構私好みな感じで楽しかった。
それに、尚ちゃん、あまり歌詞を間違えなかったね!びっくりしたよ!!頑張ってるじゃん!!!!(笑)
フルートを吹こうとしたら、音が出ず、「ちょっと待った」とバンドを止め、フルートを先をひっぱったら、中からガーゼのついた棒が出てきた(爆)。掃除をしてそのままにしておいたんだろうか。あれはウケた。ってか、尚ちゃんもびっくりしただろう。

で、この日はカメラが入っていたのだけど、当然のことながら、

尚ちゃん曰く「今のは、なかったことに」

で、普通にライブ再開(笑)。

楽しいライブでした(笑)。楽しかったので、DVD購入決定♪去年は確かDVD買わなかったような・・・たらーっ(汗)

>>そういえば…
posted by むんちゃん at 16:31| Comment(0) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

藤井尚之インストアライブin渋谷タワレコ

兄のライブと日付的には遡ってしまうのだけど、7月14日に尚のインストアライブを見てきた。
ステージ向かって右の方から見てたんだけど、今回は前方の席は椅子が出ていて・・・前も出てたっけ??

ライブは、時間にすると40分くらいかな。歌とMCで進んだ。歌はもちろん、6月6日に発売された「GOOD DAY」から。
実は兄のアルバムに負けず劣らず、あまり聴いてないたらーっ(汗)
なもんで、歌を聴いても、ちっとも分からないのだが、結構いい曲があった。CD聴きたくなったもん。その後も聴いてないけど・・・(汗)。忙しくってさ・・・・・・(言い訳)。

尚はMCで、歌を歌うというのは、日常生活の中で、普通はやらないことだけど、こうやって皆さんが集まってくれるので、しょうがないから歌う。とのたまった(爆)
会場中からブーイングが雷

あわててフォローしようとして、音楽しか出来ることがないから、嫌いじゃないし、などと言っていた。
尚が言いたかったのは、歌うのはあまり好きじゃないけど、音楽は好きだよん、ということか(笑)。
単に歌詞を覚えるのが嫌なんじゃないかと思ったりもするんだけど、今回のインストアライブでは、譜面見ながら歌ってたしねぇ。

そんな尚は、11月にライブをやる予定。そのライブでもしょうがないから歌うのか(笑)。

譜面で思い出したけど、兄のフォーラム1日目、歌詞が全く出てこなくなった曲があって、結局演奏を止め、歌詞カードを見て、確認し、歌い直したことがあった。歌詞カードを持ったまま歌おうとしたら、客が「ええ〜〜〜〜!?」とブーイングしたので、歌詞カードを床に置いてたけど(笑)。
posted by むんちゃん at 10:15| Comment(0) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

NORITAKE GUIDEW

前日のひろのライブの時にこのコンサートに誘われ、急遽行くことになった。
ノリさんのバックバンドに尚ちゃんがサックスで参加しているのだ。
正直、ちょこっと参加なのかと思っていた。が、違った。
ほぼ最初から出てきて、ずっとステージにいた。

とんねるずのコンサートには、高校生の頃に1回行った事があった。ここでそんなことを書いたことあったかな。そういえば、FCにも入ってたような気がする。今、思い出した。なんでFCに入ったんだろう(爆)。会報が来てたような気がする・・・
まぁ、とんねるずが好きになったのも、チェ繋がりなんだろうと思うけど。1回きりでその後行かなかったということは、その程度の思い入れだったんだな(笑)。

今回のコンサートでは、ノリさん曰く「昔の歌と人の歌(笑)」であり、アルバムも出してないのに、何をやるんだろうと思っただろうに来てくれてありがとう、だって(笑)。
でも、その方が私には楽しかったな。とんねるずの昔の歌は懐かしかったし、野猿の曲も好きだったので、楽しめた。
ドリンク代を払うともれなく付いてくるミニペンライトを、バラードの時は振ってみたりして、気分も盛り上がった。
ノリさん、バックダンサーに合わせて、ノリノリでダンスする時もあって、凄いなぁと思った。
兄は踊るけど、ショーみたいな踊り方とは違うからね。兄もやれば出来そうだけど、想像するとなんかちょっと違う感じがする(笑)。ま、兄は兄のやり方でいいんだろうけど。

途中、テレビでやらない物まねのコーナーがあった(全然面白くないのも含む・笑)。今思いついたという、フミヤが俺(ノリさん)に会った時のモノマネ(似てるのかどうかよくワカラン)がウケて、それを繰り返してた。ウケているのは、もちろん、うちらファンがほとんどなんだろうけど。

途中で尚ちゃんは1曲歌わせてもらっていた。そして、ノリさんと尚ちゃんでチェの「LONG ROAD」を熱唱。なかなか良かった。
で、2階の関係者席のほぼ中央最前列にいた兄がその席のまま、尚ちゃんと「LONG ROAD」を歌った。
私は立見席にいたので、真下から兄を見上げる感じだったのだけど、結構近くで見れて、なんかポカーンと口を開けて見てしまった。

尚ちゃんは11月にツアー(?)があるので、そこにノリさんが登場してくれるかも?!みたいな話もしていた。
忘れずに申し込まなくては。
posted by むんちゃん at 14:51| Comment(2) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

ゆるり ふわり NAOYUKI FUJII(9/2)

まぁなんとも尚ちゃんらしいアルバムタイトルで、ツアータイトルもこれ。
尚ちゃんは特にツアータイトルはないって言ってたような気もするけど。

ライブの前日にグッズをチェックしたら、あら、結構可愛い携帯ストラップが。
実は、兄ライブの前日に去年の兄ツアーのグッズの携帯ストラップが壊れたばかり。
兄のグッズでも携帯ストラップが出てたけど、買おうとは思わなかった。
でも尚ちゃんのは可愛い。
レインボー色に繋がっているビーズに尚ちゃんデザインのてるてる坊主がついている。
そのてるてる坊主の顔が、非常に尚ちゃんらしくて、これは買おう!と。
他にも文庫本の大きさのパンフで表紙も文庫本(笑)。中身は写真と尚の一言とか絵。マグカップは”ゆるり ふわり”のアルバムジャケにもあるかもめのデザイン。マグカップはよく使うので、これも購入。

なんていうか、尚のグッズはいつもとても尚らしい。だから欲しくなってしまうのだ。種類は少ないけれど、魅力的なグッズが多い気がする。
もちろん、買わない時もあるのだけれど。
私は基本的にグッズは使うものだと思ってるので、使えないものは買わないことが多い。

グッズ買うなら、ちょっと早く行って並ぶかね、という事で行ってみたら、あまり並んでる人がいなかった(汗)。しかもすぐに販売が始まって、あっという間に買い終わった。なんて楽なんだ(爆)。

友達とお茶したりして時間を潰し、再び、会場へ。恵比寿のリキッドルームはNon Chords以来かな。
番号はそんなによくはなかったので、正面の後方PA前を陣取った。

今回のライブは"歌う"という事で、久しぶりに歌う曲が多かった。
そして、尚の前には譜面台が(笑)。
それでも時々間違えたりして、客に突っ込まれ、歌い直したり・・・
途中からグラサン取ってたね。

「単純な風」が、なんか良かったな。インストアライブでも歌ってたね。

・・・・・・インストアライブってレポ書いたっけか?(汗)

前半は聴かせる感じの曲が多くて、じっくり聴いてたら、途中から足が痛くなった。
ずっと立ってるからなんだけど、踊っている方が楽なんだよね。最後の方はちょっとアップテンポな曲があって、踊ったりしたんだけど。


そういえば、1日にアブラーズの秋のツアーのHP先行販売があった。
たまたま1日にサイトを見て、びっくり。
ツアーがあることも知らなかったし、今日の夜の電話かよ!!と。
私は繋がらなかったけど、友達が繋がって無事にチケ確保。ほっ。
今回は、東京のみ。(って前回も東京のみだったような?)
名古屋は日程的に行けそうかなと思ったんだけど、東京国際映画祭の日程と被ってる〜〜〜〜(泣)。
まだ、何の映画がかかるのか発表になってないので、予定が入れられない・・・

アブラの記事も書いちゃったけど、ま、いっか。尚もメンバーだしね。
posted by むんちゃん at 15:34| Comment(0) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

酒の一滴は血の一滴(笑)

東京食道楽Vo.4
もいっこ、こっちのが詳しい。

って、ことで尚ちゃんが「TOKYO HEADLINE」に出てるんだけど、知ってた?
毎週月曜日に配布が始まるんだけど、私は知らなかったので、見てびっくりしたんだけど(笑)。
だいたい木曜日くらいにWEB版も更新されるので、見てみたら、更新されてた。

画像は載っけないので、自分でリンク先に見に行ってくれ(笑)。

尚ちゃんはレバ好きだよね。私はレバ苦手。
でもこの間金曜日に貧血でフラフラしちゃったので、仕方なくレバの焼き鳥を購入。まぁ・・・旨くはないが・・・なんとか食べられた(苦笑)。

「ゆるり、ふわり」家にあるのに、まだ封を開けてないよー。
日曜日のインストアライブまでに聴かなくっちゃ!
posted by むんちゃん at 16:08| Comment(8) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

Non Chords Tabooツアー in モーションブルー横浜

Non Chordsのモーションブルー横浜での2月11日1回目のライブに行ってきた。
Non Chordsのライブは大好きだけど、モーションブルーでやる時はチケット代の割りには、ライブの時間が短いので、今回はこの1回のみの参加。
物入りで金が出て行くこの時期には辛いっす・・・

ステージ向かってやや左の良い席をゲット。ただ店員に案内されただけだけど(笑)。
比較的見やすい席だった。早くから並んだわけじゃなかったので、ステージからはちょっと遠かったけどね。
ライブはCD「Taboo」から結構やった模様。模様というのは、まだCDを買ってないから(爆)
実は会場で買おうかと思ったのだけど、前回みたくサイン色紙つきじゃないので止めた(笑)
amazonで買うと10%オフなんだよ・・・
会場で買うとポスターつくけど、サインが入っているわけではなく。
友達によると山野楽器で2月1日発売のLive DVDを予約するとサイン入りのポスターがもらえたらしい。
そういう情報からうとくなっている・・・いかんなぁ。
そんなわけで結局CDは購入せず。amazonで買おうっと。Live DVDも。前回のライブ、かなり良かったからなぁ。欲しい欲しい。曲数の割りには値段が張るんだけど(苦笑)文句ばっかりだね、私。
愛はあるので許して(笑)。

ライブは楽しかった。途中ちょっと眠くなっちゃったのだが・・・座ってるし、リズムが心地良くて・・・
尚のサックスは健在でした。途中聞き取りにくい時があったけど、みんなは思わなかったのかな。

席がちょうどメンバーがステージに上がる時に通る場所だったので、尚ちゃんが近くを通って行った。
これって手を出したら握手できそうだけど・・・と思ったけど、手を出す勇気はなく(笑)
本編が終わって引っ込んで、また出てきた時も手を出せなかったけど、アンコールは盛り上がって、客席総立ちだったので、そのままの雰囲気で「わーい!」って感じで手を出したら、ノブさんとハイタッチ。そして尚ちゃんは・・・自分からは手を出してくれなかったので、私からちょこっと触った(笑)
握手のように手を出す勇気はやはりなく・・・そういう雰囲気じゃないからさ〜〜〜〜
この間みたいに、自分から手を出して握手してもらうのは無理だった。わっはっは。(注:尚ちゃんの話じゃないですよん)

時間は短いけど、楽しいライブでした。
posted by むんちゃん at 11:54| Comment(3) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

RE:サイクル

D&DEPARTMENT PROJECTの「long life style 01」におまけとして、中野裕之監督のショートムービー「RE:サイクル」のDVDがついてくるそうです。メイキングもあり!

D&DEPARTMENT PROJECT
ネットでも購入できます。

HIROYUKI NAKANO

かりゆしさんのブログで紹介されてました!
かりゆしさん、ありがとうございます!


さっき確認したけど、FFMにはまだ情報載ってないよね?
尚の情報はいつも遅い気がする・・・・・・

私もさっそく買おうかな。

・・・・・・あ。さっきTSUTAYAでDVD4枚買ったんだった・・・(爆)だって、今日の昼12時まで全品20%オフで、4枚買うと1000ポイントプレゼントだったし・・・
トニー2枚&キーファー2枚。仲良く半分ずつ買いました(爆)
トニーの方が断然高かった・・・(泣)

でも、買うよ、買う。「RE:サイクル」。メイキングも観たいし、本編ももちろんもう1回観たい!
posted by むんちゃん at 16:57| Comment(1) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

Naoyuki Fujii Live '05 唐草犬(12/24)

渋谷O-Eastで行われたライブに行ってきた。
クリスマス&バースディスペシャルリクエストライブということで(なげぇー)、ファンがリクエストした人気のある曲や、尚自身の中で人気のある曲(笑)、そして、大プレゼント大会(シャンパンや以前、尚がライブで着た衣装など、そしてツーショット写真が取れる権利)があった。尚が、チケットの半券の入った箱から引いたのだけど、チケットぴあやローソンチケットなど、一般で取ったチケットが多く当たっていた。
確率からすると、凄い確率じゃないかと思う・・・ファンクラブ売りのチケットの方が多いはずなんだから。

ふと、今思ったんだけど、尚、上の方から取ってたんじゃないの?下まで手を突っ込むのが面倒で(爆)

そして、スペシャルゲストが武田真治くん。
彼は、まず、尚に書いてきたという手紙を音読(笑)。その手紙がまたマニアックで(大笑)
真治くんは、フラッシュツアー(チェのライブツアー)に北海道で行ってるらしい。凄い。負けた(爆)ちなみに私はスクリューツアーが最初。
自分がサックスを始めたのは、尚がいたからだと、等々と語る真治(笑)。
そして、極めつけがネックレスのプレゼント(爆)。
尚が「微妙な気持ち」と言ってた(大笑)。(でも喜んでいたよ)

二人のセッションは楽しかった。真治くんは、役者として頑張っているイメージが強いけど、本当にサックスが好きだというのが伝わってくるし、きっとサックスで食べていけたらいいなと思ってるのだと思う。
ドラマでの演技は、いつも、それこそ「微妙」(ファンの方すまん)と思うのだけど、この間の舞台版「電車男」はとても良かった。
ステージで「尚之さん!」とか言ってる人と別人みたく、芸能人オーラが溢れ出ている姿だった(爆)
これからも真治くんは応援するよ。なんといっても、彼は同志ですからぴかぴか(新しい)
posted by むんちゃん at 16:01| Comment(2) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

来た来た。

何がって、Bareファンクラブイベント「バーベキュー大会」の写真が。
わたくし、尚の近くで写ってますが、顔がちょっとしか写ってません。
でもこれくらいが丁度良いわ〜

尚はいい笑顔してる。
見てるとなんだか嬉しくなる笑顔晴れ
癒されますなぁ。
チケ取りに疲れた身体と心には(苦笑)。

画像は載せませんよ、もちろん(爆)
posted by むんちゃん at 22:38| Comment(4) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

バーベキューパーティ(9/19)

正式なタイトル忘れた(大笑)。

18日は東京厚生年金会館に「セブンソード」の試写会に行ってきた。感想は「Movies!!」にアップしましたので、興味のある方はご覧あれ。

で、19日なんだけど。
尚のファンクラブイベントの「バーベキューパーティ」に参加してきた。
いやはや。
行く前は、ちょっとブルー入ってたんだよね。知らない人とバーベキューってどうなの・・・と。
でも実際に参加してみたら、意外と楽しかった。

しっかし、大変だったんだよ。
がつかなくて。

開始の時間になっても、なかなか始まらず、ケンちゃんこと、尚のマネージャーがマイクで「遅れている人がいるので、もう少しお待ちください」とのこと。
場所が「さがみ湖ピクニックランド」という場所で、入口からバーベキューできる場所まで歩いて30分ある。
着いてみて知ったのだけど、バスが出てたよ(笑)。
すんごい道をぐねぐねと上ってきて、こりゃ歩いたら大変だったね、と後で友人と話してたんだけど。
だって、帰る時、「気をつけて下山してください」って言ってた(笑)。

尚が颯爽(?)と出てきて、Mr.ちんさんが登場。
以前、尚のファンクラブツアーの温泉にも登場して、司会進行を手伝ってくれたと聞いていた。
またちんさんなんだ〜と思ってたら、ちんさん本人も「また呼ばれました。なんで??」と(笑)

ちょこっと話してからすぐにバーベキュー開始。グループは役20班に分かれ、250人ほどの参加だったそうだ。
私は一番火を起こす場所の近くにいたので、さっさと火をつけ始めたのだが、なかなかつかない。
やっとついて、木が燃え始めた時、尚とちんさんが、みんなの様子を見ながら、話をしているという事に気がついた。
尚やちんさんは「おーい、聞いてるか〜作業しながら、耳はこっちだぞ〜」と言っていたが誰も聴いてませんでしたよ(爆)その時はあっはっは誰も聞いてないじゃん!なんて思ってた私も、なかなか火が燃え上がらないことに焦りだし、隣の班でやはり火を起こしていた友人にも手伝ってもらったのだが、そのうち火が消えてしまった。
なんとなくヤバい雰囲気が漂う。周りの班はすでに焼きだしている。
尚たちは「まだ火がついてない所はないかー?」なんて言ってたけど、私はすでに身体から半分くらい血が引いた状態で青くなってボーっと立ちすくんでいた。
ヤバイ。自分のせいで火がつかない・・・・・・

ちょっと前に他の班の友人がジェル状の燃料があるけど使う?と言ってくれていたことを思い出し、あわててもらいに行き、火をつけるために手伝いに来てくれたスタッフとともに、再びチャレンジ。
その後、ケンちゃんが固形燃料を持ってきてくれたが、「さっき友達にもらった」と言ったら、「ちっ、遅かったか(笑)」だって。でも結局その燃料も放り込んだけどね。
友人たちとスタッフとケンちゃんのおかげで無事に火が付き、班のみんなで「付いた〜〜〜」と叫んだら、尚が「え?まだついてなかったの??」って、ああもう穴があったら入りたい・・・こっち見なくていいのに・・・(半泣)
私は火をつけただけでグッタリし(笑)、私が奮闘している間に野菜を切って頂いたようで、その野菜を焼いたり、肉を焼いたりなどは、他の方はほとんどやってました。
後で聞いた話だと、普通あそこまで火がつけば、そのまま燃えるはずだから、木が湿っていたか、薪が太すぎた(太い薪しか置いてなかった)から、むんちゃんのせいじゃないよと言ってもらったものの、ややトラウマな感じ(爆)。

なんとか遅れを取り戻しつつ、野菜をいためたりしていたら、尚がテーブルに回ってきた。
が、私はほぼグッタリ(笑)。特に尚に積極的に絡む人もおらず(笑)、尚は焼きそばにビールをかけてから去って行きました(笑)。
そして、少し落ち着いてから、班ごとに写真撮影。
もう化粧なんかすっかり落ちて、それよりもグッタリな顔で写るの嫌だなぁなどと思ってしまう私(笑)。
しかし、私は座っている席のおかげで尚の顔のすぐ横で写るハメに・・・ひぇ〜
写った時、自分の顔が隠れたような気がするので、あまりはっきり写ってないかも。いいや、それでも(苦笑)。
その後は、1人ずつと握手ですよ。秋祭り以来の握手ですな。わーい。
「ありがとうございます」と言ったら「はい」と言ってくれたけど、本当は「RE:サイクル見ました」とか言ってみたかった。でもそんな勇気は出なかった。
250人が見つめている中、話し掛けられねぇ(爆)。
尚の手は汗ばんでた(苦笑)。

その後は尚のアコースティックライブ。
確か「君が好きだよ」「PAIN」「天国までの百マイル」「ブルースカイ」「あんな気持ちで」
他にも歌ったかな?
自然の風景をバックに歌う尚は、いい感じだった。木々が風で揺れて、遠くには山々の景色。
MCでは万博に行った話しをしてた。「大地の塔」に行った事と、「RE:サイクル」の話。
最初に尚のモノローグで始まるのだけど、それに驚いて、見ながら緊張したらしい。
中野監督にこれ読んで、と言われた時、「なまりますよ」と言ったけど、それでもいいと言われたとの事。
尚が言うには、実際の映像を見てみたら「やっぱりなまってた」だって(笑)
私はあんまり感じなかったけどな。それよりも嬉しかった。尚の声が最初に聴けて。

MCでこの話が出て「機会があれば、観てみて下さい」と尚が言ってたので、「見たよーーーー!」と・・・私が言えるわけない(苦笑)。
シーンとして尚のMCを聴いてたしね、皆さん。
ああでも、「RE:サイクル」を見るために、万博に行った事を伝えたかったな・・・
尚の感想は「ほのぼのしてた」だった。

そんなこんなでバーベキューバーティは終了。尚は車でさっさと帰って行きました(笑)。
私たちは駅までバスで戻ったまではよかったが、電車が人身事故で遅れて、延々待たされ、帰りは大変でした。
尚ちゃん、ちんさん、スタッフの皆様、特に火をつけるのを手伝ってくれた方とケンちゃん、そして参加した皆様、お疲れ様でしたー。

もうはつけません。ハイ(泣)。
posted by むんちゃん at 17:11| Comment(5) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

PIA SUPER LIVE GLOOVE(9/14)

六本木ベルファーレで行われたライブイベントに行ってきた。
出演者は「Rin'」「Amasia Landscape」「志方あきこ」「Non Chords」。
ほとんどが新人といった感じ。
あ、もちろん、Non Chordsも新人なんですけど。ちょっとふてぶてしいですが(自分で言ってました)。
Non Chordsの出番は最後で、最初から最後まで観る事になったのだが、「Rin'」というユニットがとても良かった。
琴、十七弦、三味線、尺八、琵琶を使った楽器と歌の女の子3人組ユニット。
聴きながら、やべぇ、好きかも。と思ったもん。CD欲しいかも・・・
avexお得意の打ち込みの音に意外とマッチしてる。
日本の伝統的な楽器でありながら、ちょっとエキゾチックな雰囲気をかもし出している。
3人の子も結構可愛いしね。

公式サイトはこちら

「Amasia Landscape」はピンの歌手だと思う。いつもライブをやる時は、ピアノとバイオリンが1人ずつでやっていると言っていたし。
でもこの日のライブは、バイオリンとピアノ以外に、ウッドベースやパーカッション、コーラス4人がいて全部で11人だった。
本人も楽しみにしていたライブだと言っていた。そりゃそうだね。
で、歌った歌の中で「青い鳥」という曲があったのだが、この曲聴いたことある。絶対。
でもどこで聴いたか思い出せない。
サイトも見てみたんだけど、特に主題歌とかになっているわけじゃなさそう。

音楽番組をほとんど見ない私にとって、サビだけであっても「聴いた事」があって、タイトルも知ってるとなると、絶対にテレビ番組の主題歌か、映画の主題歌かCMソングのはず・・・
思い出せなくて気持ち悪い〜知ってる方いたら、教えて下さい。

公式サイトはこちら

「志方あきこ」。もの凄い高い声が出る人でした。びっくりした。そして、なぜか鈴を持っている。シルバーの鈴がたくさんついた楽器ね。まるで宗教の教祖様みたい(笑)。
観客にも鈴の音を鳴らしている人がいたので、持っている人がいたみたいだった。凄い・・・

公式サイトはこちら

どの人達も個性的。
avexって、どちらかというと、打ち込みの曲でドンドコドンドコ、リズムを鳴らして歌わせときゃいいくらいの感じの歌手が多いのかと思ってた。(それはちょっと思い込み過ぎ)

この時代、個性がなくちゃavexも目をつけてくれませんな。


・・・・・・なんでavexがNon Chordsに目をつけたんだろう(爆)。やはり世界初のコード楽器がないバンドだから?
どう考えてもドル箱にはなりえないと思うんだけどなぁ。
昨日のライブで唯一、男性バンドだった為、「キャー!」という声援があったのは、Non Chordsだけではあったのだが。

私は、ヴェルファーレが会社から比較的近いという事もあり、早めに行けたので、真ん中のブロックの後ろに座ることが出来た。
なかなか良い席で、前の人が背が高いと見えないかな〜なんて思ったけど、尚はしっかり見ることができた。
近かったしね。ライブもかなり盛り上がり、他の人達が持ち時間30分ほどだったのにもかかわらず、Non Chordsは1時間以上やりましたよ。曲数は4曲なんだけどさ(爆)。
1曲が長い長い。
やった曲は確か「新世界(ドボルザーク)」「Hyper Shake」「禁じられた遊び」「tide」。
「tide」が凄く良かった。
この曲は立って踊ったんだけど、彼らと、それから会場にいた観客と一体になった感じがした。

こんな凄いライブイベント、招待でやってしまう所が、avexの凄いところじゃないのか。ぴあも協賛みたいだけど。
好きになってもらって、CD売りたいんだろうけどね。私だって「Rin'」のCD欲しいもの。
レンタルあるかなぁ。(レンタルかよ)


私、かなりNon Chordsが好きだと思う。尚がいるバンドではアブラーズに次いで好きだと思う。(注:チェは別格です)

そんなこんなでかなり遅い時間までライブで、ご飯も食べずに帰ってきて、おにぎり食べながら、翌日のゼミのためにシナリオ書いて、寝不足・・・・・・
posted by むんちゃん at 13:59| Comment(0) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

愛・地球博

9/10に行って来た。
今回の万博は「SHORT SHORT FILMS EXPO 2005 メイン・フェスティバル」が目的。
中野監督の「RE:サイクル」という映画が特別招待作品として上映された。
映画の詳しい内容については「Movies!!」にあげましたので、御覧あれ。

「RE:サイクル」には尚が出演しており、実は6月に万博に行った時も、この映画の上映があるのではないかと噂された日に行く予定を立てた。
結局は上映されなかったのだけど。

8日に名古屋で、9日に大阪でNon Chordsのライブがあったので、10日のこのイベントに、尚が来るのでは?とちょっと期待してた。

友達がこのイベントの事前予約を取ってくれたおかげで、良い席をゲットする事ができた。指定席の中で選べたのだけど、スクリーンが見やすそうな場所に座る事にした。
座ってから、関係者席の近くだった、と言う事に気付いたのだが(笑)

イベントが始まる頃になると、CHAGEさんの映画に出演した長谷川さんが関係者席に。うわ〜出演者来てるじゃん!と友達と話し、尚は来ないのかね〜〜〜なんて話していたら、友達が「いるじゃん!」と。
長谷川さんから少し離れた席にいつの間にか尚が座っていた。
長谷川さんに気を取られ、全く気付かなかった私(笑)ケンちゃん(マネージャー)と一緒に座っていた。

同じく尚の映画目当てで万博に来ていた友人にあわてて電話したら、すでに尚がいる事を知っていた。さすが。
その友人の話しでは、前日にケンちゃんに「明日、尚は万博に行くのか?」と聞いたら「行かない」と言ったらしい。
嘘つきぃ(爆)

中野監督がステージで、尚の事を紹介してくれ、尚は恥ずかしそうに立ち上がり、ペコっと御辞儀をしていた。
私達が堂々と尚を観られる瞬間だった(笑)

尚は、「RE:サイクル」の上映が終わるとさっさと会場を出て、大地の塔へ行ったらしい。そしてタクシー乗り場へ行き帰って行ったとの事。(友人談)
私と友達は最後までイベントを堪能し、あやうく終電を逃す所だった(笑)

今回、他に行ったパビリオンは、「大地の塔」「三井東芝館」「中国館」「ドーム」。
本当は開場と共に長久手日本館に並ぶつもりだったのだが、すでに180分待ちになっていたので、諦めた。
入る前から行列で、凄い事になってた。10日は何人入ったんだろ……
「三井東芝館」の事前予約は取れていた。「三井東芝館」は自分が映画に出演する事ができるというもの。顔の写真撮影をし、それをコンピュータがCG化するのだ。
映画はきちんとストーリーが作られており、面白かった。
遥か未来の話しで、地球を捨て、他の星に移住した人達が再び集まって地球に帰るというストーリー。
私はというと、ガーディアンという闘う戦士役になっていた。
このガーディアンは、バイクのような乗り物に乗ったりするのだが、その中のひとりが乗り物から落ちるという話を聞いていて、その役だけは嫌だ、と思っていた(笑)
なんとかその役は逃れ、私はその落ちた人を助ける役だった。
出演は多くなかったけど、楽しめた。ちゃんと自分が分かってよかったよ。
でも、あんまり似てないような(笑)

ところで。
今回の万博。ワタクシ、蚊に刺されまくりました。
全部で20ケ所以上。マジですよ。
後が残りそうな感じに内出血してる(泣)。
特に腕が凄い事になってます。1日中かゆいのには、参るよ。
なんかね、蚊に刺された画所が赤い斑点みたくなってきて、病気の人みたいなんですが(笑)
長袖を着ようかとも思ったけど、今日は普通に半袖で出勤しました、ハイ。
posted by むんちゃん at 22:42| Comment(2) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

8/30 Non Chordsライブ 恵比寿リキッドルーム

リキッドルームでのNon Chordsライブに行ってきました。
Non Chordsは斉藤ノブさん(54)、後藤次利さん(53)、藤井尚之(40)で構成されるユニット。
ノブさんはドラムとパーカッション、次利さんはベース、尚はサックス&フルートって事で、コード楽器がないのでバンド名は「Non Chords」。
結構洒落た名前だと思うんだけど、どうでしょ。

この記事によると、コード楽器がないメジャーバンドは世界初だとか。
http://www.kita-nikkan.co.jp/entertainment/en05090301.htm

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/hokkaido/sep/o20050902_40.htm

ほんとかどうかは知らないけど(笑)。

公式サイトはこっち
一番新しいCDは「Tracing Point」。
ジャケ写載っけたいけど、怖くて出来ない(大笑)。

彼らの年齢を見れば分かるけど、かな〜り大人なバンド。
コード楽器がないから、それぞれの演奏が上手くないと「はぁ?」という演奏になってしまう。

しかし、素晴らしいライブだった。1曲目2曲目は、ワタクシ、口をポカーンと開けて見てた(笑)。
自分で口が開いているのが分かったんだけど、あえて塞ごうとも思わなかった。
これじゃ武田真治くんのこと、言えないわな(苦笑)。(注:真治くんも尚ちゃんのライブで口をポカーンと開けて見てた事あり。ワタクシが目撃しました・笑)

残念ながら今回のライブに行けない方、ぜひライブDVDを観て欲しい。たぶん、出ると思うよ。カメラが5、6台入ってたから。
>>Non Chordsのネタばれライブレポの続きを読む
posted by むんちゃん at 15:09| Comment(5) | 藤井尚之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。