2009年01月22日

「花の生涯〜梅蘭芳〜」 来日会見

記事見つけましたー。

安藤政信「チェン・カイコーは北野武級の衝撃」

あと、いつもお世話になってるHong Kong Addict Blogさんのところです。

今回は、レオン・ライなんかは来日しなかったけど、来日の予定はあるらいんで、舞台挨拶付きのジャパン・プレミア試写会、あるんじゃないかなーとひそかに期待中。

去年は寂しい限りだったもんねー。
生安藤くんを、早く見たいっす。
posted by むんちゃん at 16:22| Comment(4) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

安藤くん、33歳の誕生日

おめでとうございます!ぴかぴか(新しい)

つい最近まで覚えていて、昨日思い出して、今朝、通勤時にまた思い出しました(笑)。

今年はどんな年になるんでしょうね。というか、今、何してるんだろ(笑)。

今日は、安藤くん出演の映画でも観ようかな。某所で「サトラレ」うんぬんという文字を見たので、「サトラレ」観ようかな〜〜

とにかく健康第一で・・・もうちょっと露出して下さい(願)。
posted by むんちゃん at 16:15| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

「梅蘭芳」カンヌ映画祭に申請せず

いつもお世話になっている「香港電影迷宮+blog」さんの情報で、「梅蘭芳」はポストプロダクションが終わらず、カンヌ映画祭への申請を断念したとの記事がありました。

一部は流れるようなので、プロデューサーとかはカンヌに行くのかも?
安藤くんは、もともと行かないだろうと思ってましたが、これで完全になくなりましたね。

なので、個人的にはウォン・カーウァイ監督の「楽園の瑕」の新編集版の上映が気になります。
なんとかして、日本でも観れるようにして欲しい。短期間の上映でもいいから。時間の許す限り劇場へ通います。必ず。
posted by むんちゃん at 15:20| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

「梅蘭芳」情報

北村道子さんの写真集「衣裳術 」が2月22日に出版されます。

isyoujyutu.jpg

安藤くんの写真も載っているらしい。買うかどうかは未定(笑)。
で、その出版記念?のイベントが先週の土曜日にあり、ゲストが来るとのことで安藤くんは・・・?と友達と話してたのですが、トークショーだったので、まぁ来ることはないだろうという話にまとまり(笑)。
来る来ないに関して、「梅蘭芳」の撮影は終わったんだろうか???と記事を探したところ、ほとんど情報がなかったのですが、今日になって「梅蘭芳」情報を見つけました。

http://d.hatena.ne.jp/hkcl/20080215#p1
いつも拝見させてもらっている「香港電影迷宮+blog」さんからです。ありがとうございます!
トニー「赤壁」情報もあったりしてラッキーなわけですが(笑)、「梅蘭芳」は、カンヌ映画祭に俳優が揃うとありますね。
果たして安藤くんは行くのか??プロモーションだけなので、行くとしてもレッドカーペットを歩くことはないでしょうが。

でもって、撮影はまだ終わってないみたいです。安藤くんのパートがまだ終わってないのかは分からないけど。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000025-scn-ent
ほんとに「覇王別姫」より出来がいいのかしら・・・(心配)。
posted by むんちゃん at 16:18| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

+act. vol.14

今回で、安藤くんの連載「no title」が最終回でした。毎回とても楽しみにしていたので、残念・・・。
http://www.wani.co.jp/act/00index.asp
NEWSの山下くんが表紙(笑)。

発売日に買えなくて、土日はさんでしまって、家の近くの本屋では売っていないので、昨日やっと手に入れましたが、最後の1冊だった!危なかった(汗)。

今回は「ストロベリーショートケイクス」の矢崎監督との対談でした。この映画では、安藤くんが大胆なベッドシーンに挑んでいますが・・・「ラスト、コーション」のトニー思い出した(苦笑)。せつない、という意味では重なるところがあるかなぁ。
対談の中で「梅蘭芳」の話が出てきましたね。日本人役だけど、日本人であることを隠しているので、中国語がぺらぺらじゃないとダメって・・・そんな無謀な(笑)。
個人レッスンで必死に勉強している(今だとしていた、ってことですね)らしいけど、やはり発音が難しいみたいですね。
そのうち、第2の谷原章介氏になって中国語講座に出てくれないかな(爆)。ま、ありえませんが・・・・・・

矢崎監督が安藤くん主演?でドロドロのラブストーリーを撮ってみたいと言ってましたね。ドロドロ観てみたい(笑)。
安藤くんが監督した「アダージェット」を観て、本格的に演出をした方がいいと言ってくれてました。まぁそれはもう少し後でもいいんじゃないかな〜〜。私はもっとスクリーンで安藤くんを観たいです。

連載は終わってしまいましたが、今後もなんらかの形で安藤くんの近況記事を載せて欲しいです。雑誌だけが頼りなんだよ〜〜〜(泣)。
posted by むんちゃん at 14:30| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

キム・ギドク監督の映画

昨日知ったのですが、この記事。

イ・ナヨン、キム・ギドク作品で、オダギリジョーと共演

オダジョーがキム・ギドク作品に出演!!!
ガーン。安藤くん、チェン・カイコー監督の映画に出ているうちに、先を越された・・・。
まさか、この映画の出演依頼を断ってたりしてたらーっ(汗)たらーっ(汗)

チャン・チェンに先を越されたのはともかく、オダジョーにまで先を越されて悔しいのは私だけですか?!
いや、オダジョー、別に嫌いじゃないですけどね(笑)。
タイミングが合わないのかなぁ。

安藤くんは、まだ中国で撮影中なんでしょうか・・・?

posted by むんちゃん at 10:53| Comment(3) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」と香港映画

明日15日より「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」が公開になります。
今朝、めざましTVで伊藤英明さん、佐藤浩市さん、安藤くんがちょこっとインタビュー受けてました。
びっくりしてあわてたので、安藤くんが言った一言を聞き逃した(苦笑)。
ほんとに一言だったような気がするんだけど・・・

伊藤くんは、映画を見て初めて「ジャンゴ」が誰なのか分かって笑った、みたいなことを言ってたけど、それ、桃井かおりさんも言ってた。
私は「ジャンゴ」が誰なのか、ということは全然考えずに見てたので、笑うというか、え?みたいな感じだったのだけど(笑)。
佐藤さんは、「この映画がつまらないと思う人は映画ファンをやめた方がいい」とか「文句があるやつは自分のところへ来い」みたいなことを言ってた(笑)

私は結構楽しめたので、映画ファンをやめなくて良さそうだ(爆)。

しかし、あまりいい評判は聞こえてこないねぇ。
なんで私は結構笑えて楽しめたのかな、と思って、はたと気付いたのが、この映画、香港映画っぽい、ということ。
「バカバカしいことを一生懸命やる」という姿勢が見えるんだよね。で、「時々カッコいい」わけさ。
ストーリーなんてたいしたことないし、マカロニ・ウエスタンなるものが、どういうものなのかよく知らないけど、あれをパクってる正当な日本風西部劇、とかを期待したら、全然ダメだと思う(笑)。

だからB級香港映画が好きな人にはウケるんじゃないかなぁ。
と、あくまで根拠の薄い私の思い込みを書いてみました(笑)。

ちなみに、明日の舞台挨拶には行くんだけど、正直、彼らの英語を聞くといつもの2倍くらい疲れるし、字幕に集中できないので、全国で唯一、日本語吹替え版(出演者本人たちの吹替え)を上映している神保町へまた別の日に観に行こうと思ってる。

神保町シアター(日本語吹替え版)

私の感想

公式サイト
posted by むんちゃん at 11:10| Comment(7) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

「さくらん」DVDと「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」

昨日、Amazonから「さくらん 特別版」のDVDが届いた。

sakuran01.jpg

今日発売なんだけど、昨日届いた。普通、届いてもなかなか開封しないし、開封しても観るのは1ヵ月後だったりするんだけど、今回珍しくすぐ開けた。
で、びっくりしたのが、コメンタリーに安藤くんの名前が!!!

他に、土屋アンナちゃん、蜷川実花監督、宇田プロデューサー。
昨日を逃すと次に観れそうなのが、13日以降だったので、すぐにコメンタリーonで観てみた。
わお。安藤くんがしゃべってる(爆)。
途中すっかり忘れてしまうくらい出番がないので(笑)、「オレ、全然出てこねぇよ」と言ったりしてたけど、予想以上に話をしてたと思う。声が小さくなって、マイクから遠いよ!と思ったりしながらもたらーっ(汗)
アンナちゃんとのラブラブ宣言とか(それはアンナちゃんが言ったんだけど・笑)。
隣のスタジオ?で「どろろ」撮ってた妻夫木くんが撮影観に来てたね、とか。アンナちゃんは「どろろ」にも出てるんだよね〜。
安藤くんは自分を観ながら、恥ずかしい恥ずかしいを連発。
顔が見えなくて、声だけ聞くと、安藤くんってやっぱり声に特徴あるな。そう思うのはファンだけか?(笑)
男っぽいというより、ちょっと甘めの声だな〜なんて思いながら聞いてた。
安藤くんも、アンナちゃんも人見知りで、あまりしゃべらないそうなので、監督が大変そうだった(笑)。でも二人とも結構話してたけどね。
でも、たぶんお酒飲みながらだから、しゃべれたのかも?ビール


特典のDVDは観る時間がなかったので、13日以降に観ようっと。

ところで、昨日、「シネマトゥディ」というサイトを見てたら、こんなの見つけた。
「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」特集

与一、弱い!やっぱり真っ先に死にそう(笑)。
安藤くんの英語と、歯槽膿漏の笑顔が楽しみ(爆)。
posted by むんちゃん at 12:36| Comment(4) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

「梅蘭芳」記者会見in北京

昨日、私がトニーにメロメロになっている時(笑)、北京で「梅蘭芳」の記者会見が行われたようです。(でも、安藤くんのことも忘れてないよっ)

meiranfan_ando1.jpg

http://ent.sina.com.cn/f/m/mlf/index.shtml

http://ent.sina.com.cn/m/p/2007-07-19/17301644370.shtml

えーっと。私のPCの環境では、訳せません。中国語が文字化けしてるし(笑)。
でも新しいPCを買ったから、なんとかしたいなぁ。
しかし、中国語翻訳ソフト、いいやつは高いんだよなぁ。
需要はあるんだけどね・・・(笑)。

気のせいかな、チャン・ツィイーが太った気がする・・・。
安藤くん、やっぱり長髪のままですね。切らないのかな〜?
posted by むんちゃん at 16:49| Comment(17) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

「梅蘭芳」の日本の軍人役に決定?

安藤くんが、チェン・カイコー監督の新作「梅蘭芳」の日本軍人役に決定したとの記事を見た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000015-rcdc-ent

レオン・ライ主演の映画なんだけど、日本人役には、安藤くん以外に、木村拓哉、浅野忠信、妻夫木聡なんかの名前があがってたらしい。
私は少し前に、いつも見に行っている中華系のブログで、この話を聞いてびっくりしたんだけど、妻夫木くんの名前があがってると聞いた時点で、ああ、安藤くんの出演はないな、と思ったんだけどねぇ(笑)。

この間、+act.で、ジャ・ジャンクー監督の「長江哀歌」の試写会に行ったという記事を読んで、これまたびっくりしたんだけど、この伏線があったのか?(笑)。

これは決定事項として考えていいのかなぁ。中華系のニュースは、話が二転三転することが多々あるので(苦笑)。レオン・ライ主演が決まるまでも、結構時間かかってたしね。
決まったのだとしたら、おめでとう。初めての海外出演作品がチェン・カイコー作品って凄いよぴかぴか(新しい)

チェン・カイコー監督の代表作はやっぱり「覇王別姫」なんだろうな。
「花の影」という作品も、レスリーファンには人気があると聞いたことがあるけど、DVD出てるのかな・・・
「北京ヴァイオリン」を好きと言っている人もいて、これはちょっと観てみたい。

えーーっと。「PROMISE」はねぇ。香港映画、としてなら受け入れられる、という意見が多数で(笑)。
私は「覇王別姫」のチェン・カイコー監督の映画、という気持ちで観に行ったので、玉砕したんだけど(爆)。まぁ、観なくてもいいんじゃない?みたいな。

あの映画の私的な見所はニコラス・ツェーのみ。あれを観ると美しい男をより美しく撮る、という事には長けている監督だ、という事はよく分かる。
そういう点ではちょっと嬉しい?(笑)
意外と重要な役のようなので、ちょっと期待してしまうなぁ。日本軍人役と聞いて、それなら普通語を話す必要はないのかな、と思ったけど、重要な役となると、もしや・・・・・・ちょこっとくらい話すんだろうか(不安)。

キム・ギドク監督作品よりも先に中華系の映画に出演するなんて、ちょっとびっくりだけど、本当なら、個人的にはかなり嬉しい。
しかし、主演がレオン・ライ。果たして、日本公開はあるのか?(爆)まぁ、たぶん、大丈夫だろうけど・・・
どこの配給会社が買ってくれるかで、扱いがえらい違うことになると思うんで・・・・・・その節はよろしくお願いします。(誰に言ってるんだ?)
posted by むんちゃん at 10:00| Comment(4) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

BARFOUT!Vol.142

安藤くんが載っていると知って、本屋で探したら、なぜか松ケンが表紙のVol.141しか見つからず・・・
欲しい雑誌が見つからない時に行く本屋に行ったら、ひっそりと1冊だけあった。発売して数日しか経ってなかったのに・・・

かなり露出していると聞いてたけど、雑誌をペラペラめくって、一目見て、雑誌閉じた(笑)。

ando01.jpgando03.jpg

かなりエロ度高し。もっとわぁ・・・という写真もあって、画像をアップしてみたんだけど、ちょっと・・・私が恥ずかしくて消してしまった(笑)。
インタビューがなかったのが、残念。
posted by むんちゃん at 11:43| Comment(6) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

HAPPY BIRTHDAY!!

本日、安藤くんの32歳の誕生日です。
おめでとう!!!ぴかぴか(新しい)

そんなめでたい日に、そして土曜日なのに今、仕事中・・・(泣)。

今年はすでに「悪夢探偵」「さくらん」の二つの映画が公開されたよね。
今後、待機中なのは「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」と「こおろぎ」かな。
楽しみです。

安藤くんの誕生日なので、出演作品でも観たいんだけど、どうかなぁ、時間あるかなぁ・・・(苦笑)。

posted by むんちゃん at 16:28| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

+act.とMen's JOCER

春だねぇ・・・
家の近くの桜はピークを過ぎ、葉が見えきたけど、会社の近くは満開をちょい過ぎたくらいで、まだまだ見頃。
写真を撮ろうかと思ったけど、桜って写真に撮ると、なぜかしょぼく見えるのでやめた。
実際に見た時の淡いピンクの色合いとか、儚さみたいのは写真では分からない。ってか、私の写真の腕がないだけだろうけど(苦笑)。

さて。2日に発売になった「+act.」。今回の安藤くんの対談の相手はキム・ギドク監督。
そういえば、ギドク監督の本買って、そのまま読んでない・・・。

ando_act1.jpgando_act2.jpg

まゆげが薄くてちょっと怖い・・・(苦笑)。

続いて、「Men's JOCER」

ando_menj.jpg

これは蜷川さんが撮った写真のようです。
「Men's JOCER」は出てるの知らなくて、友達に教えてもらった。
表紙だけだったら見て終わりだけど、インタビューが載っているとつい買ってしまう(苦笑)。
つい最近、「Movies!!」でレビューをあげた「バトル・ロワイヤル」の話なんかも出てきたのでちょっとびっくりした。
以前よりも気持ちの出し入れが上手くできるようになったみたいで、一安心。

次の公開作品は「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」かな?
「狂」担当だという噂をチラリと聞いたけど、かなりはっちゃけた役なんだろうか。
見たら笑いそうな予感(笑)。

予告がもう見れるらしいけど、私のPCでは見れないのよね・・・。
posted by むんちゃん at 13:58| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

アジア・フィルム・アワード

確か第1回目と聞いたような気がするのに、今朝のめざましTVでは、ずっと行われてきたが、今まではコンペ部門がなかったからとかなんとか言ってたような・・・。
要するにリニューアルして1回目ということなのかしら。(調べるのメンドー・苦笑)
すんごい豪華なキャストをアジア中心に呼んでいて結構話題になってるね。
日本人も中谷美紀さんが賞もらったりしてたし。「嫌われ松子の一生」は香港でも上映されたのね〜。
香港なので当然のようにトニー・レオンも出席していたんだけど、私がおおー!と思ったのは、やっぱり安藤くんが行ってたってこと。(今回は「さくらん」が上映されるとか)
最近、あちこちの映画祭に顔を出していて、去年はとうとう東京国際映画祭のレッドカーペットまで歩いちゃってどーしちゃったの?!って感じだけど、基本的に映画好きなので、映画祭に行くのは楽しいのかも。香港の映画、見たことあるのかなぁ。

ando0320.jpg

画像探すのもメンドーなので、落ちてたのを拾ってきた(笑)。髪が長いのがウザいのか、最近よく結んでるね。

こういう風に外国に行った時とかって、どういう人に会ったとか、映画祭についてどう思ったかとか、安藤くんの感想が知りたいなと思う。安藤くんの考えていることって、主に雑誌でしか分からなくて、公式サイトもないし(事務所のはあるけど、雑誌発売や映画の公開時期が分かるくらい)、ブログもやってないので、リアルタイムでは、全然気持ちを知る事が出来ない。そういう時は、他の俳優のファンを羨ましく思う。
更新は、こういう映画祭に行った時とか、映画1本撮り終わった後とかだけ更新でもいいから、ブログとかやってくれたらいいのにな・・・ありえんだろうな・・・(苦笑)
コメントがウザいならつけられないようにすればいいんだし。一方的な発信でいいからしてくれないかなー・・・。

と、日本の片隅で思うのであった。
posted by むんちゃん at 16:16| Comment(4) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

「さくらん」もろもろ・・・

2月24日から公開の「さくらん」、初日舞台挨拶に安藤くんがたくさん出るらしい。
私は初日舞台挨拶には行けないので、考えるとちょっと落ち込むバッド(下向き矢印)けど、まぁそういう時もあるのでしょうがない。
頑張ってしゃべってください(爆)。

goo映画で安藤くんのインタビューが見れます。珍しく落ち着いてしゃべってます。カッコイイです。やればでき(以下自粛)。
goo映画「『さくらん』特集」

雑誌もいろいろ出てて、友達に教えてもらってあわてて購入したりしてるんだけど、たまには事務所のサイトも覗かないとなぁ・・・(汗)。
オズマガジンの安藤くんの写真、結構好き。

ando_0216.jpgando_0215.jpg

これ↓は・・・何の雑誌か忘れた(笑)。

ando_0217.jpg

オズマガジンの写真は珍しくちょっと暗い顔をしてる。これだけ髪が長いのも久しぶりだし、長くなるとパーマかけてたけど、これはサラサラ系で、私好みだな。


posted by むんちゃん at 10:54| Comment(4) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

TIFFのレッドカーペット

安藤くん、歩いてたね!!びっくりしたよ〜〜〜。
ネットで見ていて、安藤くんの姿を見つけた瞬間、友達から電話かかってきた(爆)。
友達はMovie Plasで見てて、映像は違ったし、インタビューも違ったみたい。

実は今日、六本木で午前中から映画を見て、その後、けやき坂に行ってみた。
だいたい13時半くらいだったんだけど、まだ全然空いてて、このままいたら、普通にレッドカーペット見れそうだな〜と思ったんだけど、ちょっと体調が良くなかったし、16時まで1人で待つのも微妙〜と思ったので帰ってきて、ネットでレッドカーペット見てた。
当然、釜山映画祭からは帰って来てると思ってたけど、安藤くんがレッドカーペットを歩くとはね〜〜〜〜。
いや、他の映画祭ではすでに歩いてるんだろうけど(笑)

たぶん、映像は後日、TIFFの公式サイトで見れるようになると思うのでチェックしてみてねん。ファッションはなかなかカッコ良かった。
興奮してたので、記憶が定かじゃないけど、白っぽいシャツ?に紺か黒のマフラーっぽいのを首にかけてたような。
で、髪の毛が凄い事になってた(笑)。すごいメッシュの入れ方。撮影中みたいだから、そのせいかな〜と友達と話してたんだけど。
インタビューも受けてて、レッドカーペットは車で走るより長く感じた、みたいな事を言ってたような。冷静なコメントですねとか言われてた(笑)。
「こおろぎ」メンバーは、他に鈴木京香さん、伊藤歩さんとプロデューサーが歩いてた。

27日の舞台挨拶来ないのかな〜〜〜〜?来てくれたら嬉しいな〜。
posted by むんちゃん at 02:18| Comment(5) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

「悪夢探偵」ワールドプレミア上映

塚本晋也監督の「悪夢探偵」が釜山映画祭で上映されるにあたり、安藤くんも釜山映画祭に行き、TVの芸能ニュースでも紹介されてた。
安藤くんも映ってはいたけど、中心はhitomiだったね(苦笑)。
でもチラっと映っただけでもありがたいや・・・
さっき、たまたま記事を見つけたのでアップしてみた。

塚本晋也監督10作目の最新作『悪夢探偵』初!世界同時映画祭プレミア上映決定

塚本晋也監督最新作『悪夢探偵』世界同時初!ワールドプレミア大絶賛上映

安藤くんが着てる赤いジャケット、凄い派手だ(笑)。一人で真冬みたいな格好してるけど、暑くないのかしらたらーっ(汗)

ローマ映画祭でも上映されたのね〜。
日本の監督とか俳優って海外での映画祭にはホイホイ行くのに、明日から(今日は前夜祭)始まる東京国際映画祭は、なんだかゲストがしょぼい気がする・・・。
海外からのゲストでも同じ事が言えるんだけどね〜・・・。

安藤くんが出演する映画も上映されるけど、安藤くんはゲストに名前がない。突然来たりするかなぁ。今の所、27日のゲストに鈴木京香さんの名前があって、あとは「他」になってる。「他」って何さ、「他」って(笑)。
しかし、少なくとも監督くらい来て欲しいけどね〜。

明日はレッドカーペットがあるけど、安藤くんが歩く事はなさそうだし、六本木には行く用事はあるけど、レッドカーペットは見ないで帰ってこようかな。
あれ、待つのも大変だもんね・・・
家でまったりネット中継でも見ますか。
posted by むんちゃん at 10:42| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

青春☆金属バット 初日舞台挨拶

違う記事を探してて(笑)、たまたま見つけた。

ando_060826.jpg

シネマトゥデイ

タイトルがなんだかなぁな感じだけど(笑)、この安藤くんの発言は、舞台挨拶1回目なのかな?私は2回目の舞台挨拶を見たんだけど。こんなこと言ってなかったと思う。
何を話してたっけ・・・(顔ばっかり見て、話聞いてないし・笑)

印象に残ったことは特にないって言ってたな。ピッチングフォームはしっかりしたかったから、監督と話して、投げ込んだと言ってたような。
あのピッチングフォームとても綺麗だった。
綺麗といえば、この日の安藤くん、めちゃめちゃかっこよくて綺麗だった。ついでに可愛かった。表情が。
いやぁ、なんであんなにかっこいいんだろう、とマジで考えてしまった(笑)。
posted by むんちゃん at 15:50| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

青春☆金属バット(舞台挨拶付き試写会)

開店休業状態の会社でネットしてるわけだが(笑)。
静かでいいよ。いつも以上に眠くなるけど(爆)。
私の夏休みは来週。たぶん、ここの更新は止まるだろうな。

ところで、15日に「青春☆金属バット」の舞台挨拶付き試写会に行ってきた。

昨日、この記事を書こうと思ったんだけど、なかなかネットで記事が出てこなかったのと、画蔵があまり鮮明じゃないので他にないかな〜と思ったけど、映画自体が地味なのであまり注目されてないのか、記事が少ない(苦笑)。
他に良さそうなのがあったら教えてねん。

CINEMA TOPICS ONLINE

シネマトゥデイ

デイリースポーツ

安藤くんは、白のタンクトップに黒っぽいパンツに革靴?のスタイル。ウォレットチェーンが目立ってた。
髪は赤っぽくてパーマかけてた。長さは今くらいが一番かっこいいかな。
あとは黒ブチのメガネをかけてた。あれ見ると兄も同じようなのしてるよな〜って思うんだよね。

ところで、この白のタンクトップ見て、私は「同じ月を見ている」のドンちゃんを思い出した(笑)。

donchan.bmp

もちろん、エヂと安藤くん、顔は全く似てない(爆)。

安藤くん、見た感じちょっと太ったかなと思った。いつもが細すぎるんだけど。
腕が出ていたせいもあると思うけど、筋肉しっかりついてる感じだった。
相変わらず受け答えは、おどおどと(苦笑)してて、初めて安藤くんを生で見た友人がびっくりしていた。
「竹原ピストルさんと安藤くん、廊下に立たされた高校生みたい」だって(笑)。
しゃべってない時は、下向いたり、ピストルさんと話して笑い合ったりと、いつもと同じような感じ。あとは会場のお客さんを眺めてた。
友人が「私の隣の人を見てたみたい・・・」と言ってたので、知り合いがいたのかな?

そして私もいつもの通り、安藤くんばっかり見てたので、他の人が何をしゃべってたのか聞いてなかった(大笑)。
ゲストで原作者の古泉さんが来ていて、その人のキャラがちょっと面白かったな。

映画は前回見た時とあまり印象は変わらず。画面暗いなぁ(苦笑)。
安藤くんのピッチングフォームがとても綺麗。素直な投げ方してるなって思った。
あと、たぶん、前回「Movies!!」でも書いたと思うけど、「腐ってもエースだぜ、俺」と言った時の表情がとてもいい。好き。
あの表情見るために、また観に行こうと思う(笑)。
posted by むんちゃん at 11:23| Comment(2) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

「ブラックキス」

もう1個安藤ネタ。
「ブラックキス」のDVDが発売され、初回限定版を購入。
これって、通常版との違いは、ポストカードとブラックキスベアブリックがあるかないかだけみたいだね。

BK_barebrick.jpg

人形・ぬいぐるみに興味がない私としては、別に初回限定版じゃなくてもよかったかしら・・・とか思っちゃったりするんだけども(笑)。
ポストカードもたいした事はないし・・・

安い通販会社では初回限定版は完売している所もあるみたい。
これ、もう少ししてヤフ○クで売っ(以下自粛)。

特典映像を見たけど、安藤くんのインタビューは入ってなかった・・・(泣)
ブラックキスの真実、を監督が大真面目に語っていたなぁ。

本編も見たけど、私はどうしても途中で安藤くんの存在を忘れる(爆)。
警察での会議や、松岡くん扮する刑事たちの動き、アヤシげな元刑事の草刈さんとかが妙にリアルで、そっちに気を取られ、ストーリーに引き込まれちゃうんだよね(笑)。

グロいんで、何度も見たいわけじゃないんだけど、グロ場面は飛ばしたりして、これからも何度か見るかも。
posted by むんちゃん at 13:52| Comment(3) | 安藤政信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。