2006年07月26日

「釋放」byニコラス・ツェーのレビューその2

ソウルがある、というのはイコール歌が上手いという事ではない。
……いや、別にニコが歌下手だと言っているわけではないよ(爆)。
歌に愛がある、というとちょっと書いてる私が恥ずかしいんだけど(笑)。それを凄く感じる。音楽、歌が好きなんだな〜って聴いてて思う。

下手ではない、と書いたけど、正直上手いわけでもない(苦笑)。デビュ−は97年頃らしいから通算で10年近くプロの歌手として歌っているわけで。
それを考えると、技術的には微妙な気がする。低い声も高い声も出るし、ファルセットのような声の出し方もしてる。…の割りに伸ばす音は不安定(苦笑)。
技術で歌うんじゃなく、ハートで歌っちゃう人なんだろうか。レスリーみたく?
昨日も書いたけど、私は専門家でもないし、音楽には詳しくないので、私が勝手に思っているだけなんだけどね。

このアルバムは12曲入り。
1.勇者之歌
2.愛回來
3.二微笑時好美
4.河水倒流
5.寂寞堂口
6.拒絶孤獨
7.上一次下一次
8.別怕
9.燭光
10.給天使看的戲
11.愛(國語獨唱版)
12.愛(國語合唱版 - 阿Sa 蔡卓妍)

1曲目かなり好きな歌。元気があるし、爽やか。勇者の歌っつーくらいだから。「希望」という歌詞の部分の歌い方が好き。
基本的にみんないい感じの曲で、あんまり好きじゃないな…という曲がない。逆にそれが不思議なくらい。普通は2〜3曲そういうのがあるものなんだけど。なんていうか、どれもどこかで聴いたような気がする曲なんだよね(笑)。
親しみやすいと言えば、そうなんだけど。洋楽っぽい編曲もあり。
3曲目のバラードも好き。サビの部分が好きだな。
6曲目もいい感じ。ただサビの部分、かなり早口。そしてこれ覚えて歌うのって大変そう(笑)。ライブで歌詞がスッポリ抜けるとかないのかしら(爆)。
8曲目もバラードなんだけど、なんか広がりのある雰囲気の曲で好きだな〜と思った。
11、12曲目の歌詞はビビアン・スーが書いてる。もちろん、日本語訳は分からない(苦笑)。

歌詞の意味が分からない曲というのは、メロディが好きかどうかが大きなポイントだ。でもやっぱり歌詞の意味知りたいなぁ。トニーのアルバムを聴いた時も思ったけど。出演した映画のイメージソングとかって、映画の内容が歌詞に反映されていると思うし・・・いつか訳せるようになるといいなぁ。・・・・・・英語も訳せないんだから無理か(苦笑)。
英語って中・高・大(うち2年間)、勉強してきただけあって、さすがに発音が全く分からない単語ってあまりないんだよね。知らない単語でも発音は出来たりする。
けど、普通語、広東語はまず発音から分からない(苦笑)。本当に0からの勉強になるんだよね。大学で中国語専攻したかった・・・(泣)。強制的にドイツ語だったからなぁ。

昨日、とある有名なサイトで、ニコのいろんな動画を発見。インタビュー(日本語字幕付き)とかも観れた♪
もしかして・・・と思ったら「前前後後右右左左」のMVも発見!!最初から最後まで曲を聴く事が出来た!!歌詞のピンインをつけてくれているサイトを知ってたので、この曲のピンインを見ながら、一緒に歌ってみたが、早くて無理!(笑)。繰り返し歌ってみたけど前途多難(苦笑)。こんなに繰り返し聴いたら、兄の曲ならすっかり覚えるな(笑)。
posted by むんちゃん at 10:59| Comment(0) | ニコラス・ツェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。