2006年04月10日

夢を見た

一昨日、夢を見た。私は誰かに説教されているようだった。
正面に立っている人は逆光で顔が見えないのだけど、私には誰なのか分かっているようだった。
でも誰だったのか覚えていない。男性だった。そして有名人だった。たぶん私が好きだと思ってる人だと思う。
こんな人に説教してもらえるはずがないと思い、そうかこれは夢だと思った記憶がある。
目が覚めた時は覚えていたのに、また眠ってしまい忘れてしまった。説教されたことだけ覚えてる(笑)。
あれは誰だったのだろう。

説教される夢というのは、現状の関係を変えられないこと、特定の相手に自分の意志が伝わらない事を意味するらしい。特定の相手というのは、説教してくれた人のことだろうか。だとしたら、相手は有名人だったので、そりゃ無理だろう(苦笑)。

あれは誰なのだろう。安藤くんだとしたら、逆に私が説教しそうだし(笑)、トニーでもキーファーでもない気がする。チェのメンバーでもなかったし、心当たりがない。
まさかレスリー・・・?でもレスリーに説教される覚えはないしなぁ(笑)
説教の内容も覚えていなくて、その説教がありがたかったのか、迷惑だったのかも覚えてないのだけど、悪い気分ではなかった。これだけ覚えてるという事は何か意味があると思うのだけど。

昨日は本を読もうと思っていたのだけど、ついDVDを観てしまった(笑)。いつもこんな感じで思った通りに事が進まない・・・

「サマータイムマシン・ブルース」の本広監督と脚本の上田さんのコメンタリーを聞いた後、「楽園の瑕」と「2046」を観た。
「楽園の瑕」は、ウォン・カーウァイ監督作品の中でもかなり好きな映画で、ここでもたぶん好きだ好きだとしつこく書いたことがあるだろう(笑)。
何が好きって、レスリーのモノローグが好きなのだ。そしてレスリーのキャラも。特に「○月○日、晴れ 占いによると・・・」というくだりがとても好き。なんてことはないモノローグなのにね。
でも今回観たら、トニーがより一層かっこよくみえた。

そしたら急に「2046」が観たくなって、観てしまった。「2046」はトニーのモノローグが好き。ルルが"足のない小鳥"をずっと探していたというモノローグを聞いて、悲しくなった。6月にウォン・カーウァイ監督のDVD BOXが発売され(当然予約済み)、「欲望の翼」をまた観る事が出来る。早く観たい。

「2046」を観ていて、ふと、「ブエノスアイレス」でファイの『僕は確信した。会いたいとさえ思えば、いつでもどこでも会えるということを』というモノローグがを思い出した。似たような事をチャウが言っていたのだ。
そして、「楽園の瑕」ではオウの『占いによると、私は一生結婚もできず、愛も育たない。その通りだ』というモノローグがあるのだけど、「2046」で、チャウは、やはり似たような事をいい、『そういう運命だ』と締めくくる。
ウォン・カーウァイは結局どの映画でも同じ事を伝えたいのだ。そしてそれを自分の映画で表現し続けることができる。きっとそういう事が出来る人はそんなにはいない。羨ましいとさえ思う。
ウォン・カーウァイの映画は、ストーリー、セリフの全てを理解できるわけではないのに、やはり観るたびに好きだと思う。
映画を、作り続けて欲しいと思う。

私はチャン・ツィイーが苦手なのだが、この映画のラストでは、嫌な印象は受けない。上手く撮ってるよなぁと思ったりして(笑)。
自分の中で同じ系列だと思っている女優さんでニコール・キッドマンも苦手。ジュリア・ロバーツも苦手。ジュリアに関しては多少個人的な感情も含まれていることは否めないのだが(笑)。
ところが同じ系列と思っているコン・リーはなぜか好きなのだ。なぜだろう。自分でも不思議。
「2046」を観ていても、やっぱり好きだなぁと思う。
この映画の中でチャウがコン・リーに名前を聞くシーンがあるのだが、「ウォ シーン スー。ジャオ スー・リーチェン」とコン・リーは答える。
これって、先週の「中国語会話」でやった会話だよ。テキストみたいな会話が映画の中であるなんて!一瞬ポカーンとしてしまった(笑)。

映画を観た後、ちょこっとだけ本を読んだ。今週末が返却期限だけど、2冊なんて読みきれないだろうな。
そういえば、「蟲師」(単行本)の予約が回ってきて、借りることが出来た。いきなり4巻から(苦笑)。一つだけアニメで観た話が載っていたのだが、アニメで観た時のような感動はなかった。知っていた話だからというわけではないと思う。
この「蟲師」の世界を作り上げ、ラストで私に涙を流させるなんて、おそるべしアニメーション。DVD欲しいなぁと思ったりもするのだけど、アニメのDVDってお高いのよ〜。ちょっとどころかかなりキビシイ。

今日は「ニューワールド」の試写会。明日は「LIMIT OF LOVE 海猿」の試写会。「海猿」は映画もドラマも観てないんだけど(爆)。伊藤英明くん、あんまり好きじゃないのよね・・・「陽陰師」でのキャラは好きだったのだけど。
posted by むんちゃん at 11:32| Comment(1) | ウォン・カーウァイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロの、返却しなかったー。
そしてブエノスアイレスにロが会話するつもりだった。
Posted by BlogPetのコウ729 at 2006年04月10日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。