2008年10月20日

第21回東京国際映画祭

久しぶりの更新です。
毎年、東京国際映画祭では、たくさん映画を見るため、どの映画を見るよ〜という告知もしてたんですが、今年は正直、自分的には、めぼしい作品が少なく・・・
結局見る作品は2作品のみ。そのため、仕事も休むのは1日で大丈夫でした(笑)。

今回見た作品、見る予定なのはオープニング作品「レッドクリフ」とコンペティション部門「親密」です。
「レッドクリフ」は言わずと知れた、国際的名俳優のトニー・レオン氏が主役の映画。オープニングなら必ず来日するであろう、ということで、チケットを手に入れ、18日の日に舞台挨拶を見てきました。
トニーと金城くん以外の人は、たぶん、初めて生で見る人ばかり。チャン・チェンも初めてだし、ヴィッキー・チャオも。ヴィッキーは目が大きくて童顔なので、どちらかというと子どもっぽい印象があったのですが、さすが、ドレスを着ると、ステキな女性です。当たり前か(笑)。
リン・チーリンもとってもステキでした〜。
ジョン・ウー監督は長々と話してくれましたが、トニーたちはあまり話さず。ただ私は、穴が開くかもと思うくらい、トニーをガン見してたので、何度か目が合いました(笑)。
舞台挨拶はとーっても満足したんですが、大変だったのが、グリーン・カーペット。

15時半くらいからグリーン・カーペットのそばで立ったまま待機。16時半から始まり、トニーはいきなり登場したものの、グリーン・カーペットは歩かず。その後、いろんな役者さんたちが通ったのですが、一向にトニーたち「レッドクリフ」ご一行様が来ないまま、17:50くらいに。
18時からオープニングセレモニーの中継でシアターに入らなければいけないのに〜

そして最後の最後に登場したのが、麻生首相ご一行様(笑)。
歓声が上がるものの、私はなんじゃそりゃな感じで。よくアナウンスを聞くと、どうやら麻生首相の後にトニーたちが歩くらしく・・・

ところが、首相がカーペットを歩くもんで、SPご一行様も一緒に歩いてて、人がうじゃうじゃ。トニーがどこにいるのか見つからない。
そりゃー慌てました。そのために長い時間待ってたのに〜〜〜
写真、もしくは動画を撮ろうと待ち構えていたのに、それどころじゃなく、トニーを必死に探しました。先に金城くんの姿が見え、隣にトニーが!!
が、それは目の前に来たときに気付いたので、あっという間に歩いて行ってしまいました。
トニーの名前を2回くらいしか叫べなかった・・・(それでも2回叫んだ・笑)

なんとか見つけられて良かったです。これでトニーを見逃していたら、今度の総選挙は必ず民主党に投票していたことでしょう(爆)。
ま、別に麻生首相に恨みがあるわけじゃないですが(笑)。

他にもいろんな役者さんが見れましたが、カリーナ・ラウが歩いているのを見れました〜。が、アナウンスが遅く、目の前に来るまで気付かなかった。
カリーナ!って言ってあげたかったよ〜。
阿部寛さんが近くで見れたのが、嬉しかったな。長澤まさみちゃんと上戸彩ちゃんには気付かなかったんだけど、ほんとに歩いてた?(笑)
宮崎あおいちゃんは可愛かった。松雪泰子さんが、ものすごく綺麗でした。ほっそいし〜キラキラでしたよ。
小池徹平くんが歩いたときは、ファンの黄色い声援が飛んでました。
ミッチーの時も!(笑)特にファンじゃなくても、つい声をかけたくなるのは、なぜでしょう(笑)。
そんなこんなで、オープニングを迎えたわけですが、すでに後1作品で私の映画祭は終了。
東京国際映画祭に行き始めてから、こんなにアッサリしてたのは、初めて。ちょっと残念。

でも、カリーナとイーキンに会えるのが、楽しみです!
posted by むんちゃん at 09:58| Comment(3) | トニー・レオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。